FOLLOW US

代表目指す、湘南加入のDF岡崎「アイツがいれば大丈夫と思われたい」

湘南入団への意気込みを語った岡崎

 中央大学サッカー部は14日、中央大学多摩キャンパスCスクエアでJリーグ加入内定選手合同記者会見を開き、湘南ベルマーレに内定が決まったDF岡崎亮平が出席した。

 ジュニアユース、ユースと湘南の下部組織で育った岡崎は、高校3年時を「トップに昇格できるかどうかのギリギリのライン」だったと振り返り、結果として同期のU-21日本代表DF遠藤航はトップに昇格を果たしたが、岡崎は昇格できず中央大に進学した。遠藤は、2年目からレギュラーとして、プロの舞台で活躍していることを目の当たりにして「悔しくて悔しくて練習して、何が何でもプロになってやろうと思っていました」と、悔しさをバネに大学4年間を過ごし、成長を遂げられたと自負している。

 プロの舞台で対戦を楽しみにしている選手としては、ハビエル・アギーレ監督体制で日本代表にも選出されたサンフレッチェ広島のFW皆川佑介をあげ、「ヘディングは本当に強いですし、代表にも入りましたからね。大学時代も練習でやりあっていましたし」と、ともに空中戦を主戦場とする者同士、負けられないと口にした。普段の皆川については「プライベートでは本当に優しく、人間味がある人で、いつも熱く語っていましたね」と、優しくも熱いハートを持った先輩だと印象を語った。

 そんな岡崎の夢は、皆川のように日本代表に選ばれ、ワールドカップに出場することだと明言。また、憧れの人物について「元湘南の井原康秀さん」だと答え、人情深く、サポーターからも愛された同氏のようになりたいと目標に掲げている。

 ユース時代の恩師であるチョウ・キジェ監督の下、2014シーズンのJ2で旋風を巻き起こした湘南サッカーについては「全員で攻撃して、全員で守るスタイルです」と述べたが、「最後のところは絶対にセンターバックが身体を張らなくてはいけないので、そういうところで最後の砦になりたいです」とディフェンスリーダーに名乗りをあげる。

 続けて「味方にも、最後のところで『アイツがいれば大丈夫』と思わせたいですね」と、チームメイトとなる遠藤たちからも頼られる存在になることが、日本代表への第一歩だと締めくくった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO