FOLLOW US

中央大がJ加入内定会見、湘南入団の岡崎と東京V入団の渋谷が出席

中央大で内定会見に出席した岡崎(左)と渋谷(右)

 中央大学サッカー部が14日、中央大学多摩キャンパスCスクエアでJリーグ加入内定選手合同記者会見を開いた。

 会見には、サッカー部ゼネラルマネジャーの佐藤健氏、サッカー部部長の加藤樹里教授とともに、湘南ベルマーレへの内定が決まったDF岡崎亮平と、東京ヴェルディに内定が決まったMF渋谷亮が出席した。

 ジュニアユースから6年間過ごした湘南でプロとしての一歩を歩む岡崎は「僕は中央大学に進学していなかったら、多分プロになれていなかったと思うので、本当に感謝していますし、この4年間で成長できたとすごく感じています。ユースの時にトップに昇格できなかった悔しさを持って大学に入ってきて、それが叶ったのが本当に嬉しいです。けど、まだスタートラインに立っただけだと思うので、ここから本当に自分の力を試すチャンスが巡ってきたので、すごく楽しみです。応援よろしくお願いします」と、喜びを語っている。

 小学校から高校まで、東京Vの下部組織で育った渋谷は「4年目は残留を争い、苦しいシーズンを送りました。最後に自分が出場できない機会も多く、そのなかで後輩のみんなが本当によく頑張ってくれたというのがこの1年の感想です」と後輩たちの頑張りを称えた。さらに「試合に出ていない自分がJリーグで活躍できれば、後輩たちは『アイツにできるなら俺にもできる』というふうに、どんどんチャレンジしていけます。そのような気持ちで中央大学サッカー部、今年のチームを代表して、2015年シーズンを頑張っていきたいと思います」と、後輩たちのためにもプロとして活躍することを誓った。

 岡崎は、荻野SCから湘南ジュニアユース、湘南ユースを経て、中央大サッカー部に入部。全日本選抜にも選ばれていた。

 渋谷は、砧少年サッカーチームから東京Vジュニア、東京Vジュニアユース、東京Vユースを経て中央大サッカー部に入部していた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO