FOLLOW US

大宮、MF宮崎泰右が町田へ移籍…2014シーズンは群馬でプレー

2014シーズンは群馬でプレーしていた宮崎泰右[写真]=Getty Images

 大宮アルディージャは13日、MF宮崎泰右が2015シーズンからFC町田ゼルビアへ移籍することが決まったと、クラブの公式サイトで発表した。なお、宮崎は2014シーズン、ザスパクサツ群馬へ期限付き移籍していた。

 22歳の宮崎は、大宮の下部組織出身で、2010年に2種登録選手としてJリーグデビューを果たす。その後、2011年にトップチームへ昇格し、2012年は湘南ベルマーレへ、2014年は群馬へ期限付き移籍。これまで、Jリーグ通算53試合に出場し、3得点の成績を残している。

 宮崎は、2014シーズンに所属していた群馬へ向けて「この度、FC町田ゼルビアに加入することになりました。昨年の経験を活かして、町田で頑張ってきます。群馬の皆様、一年間ありがとうございました」とコメント。

 また、新たな加入先となる町田の公式サイトでは、以下のように抱負を述べている。

「FC町田ゼルビアのファン・サポーターの皆様、はじめまして。宮崎泰右です。今年1年で必ずJ2に昇格できるよう、自分の持っている能力を出しきって、チームの力になれるように頑張りますので、これから暖かいご声援をよろしくお願いします」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA