2015.01.11

全試合出場に代表招集…飛躍の2014年になった森岡亮太「海外という舞台で戦いたい」

森岡亮太
インタビューに応えた森岡亮太 [写真]=兼子愼一郎

 2014シーズン、J1に昇格したヴィッセル神戸は前半戦で一時、首位に立つなど好調なスタートを切ったが、ブラジル・ワールドカップの中断明け以降で失速。結局、11位でシーズンを終えた。

 そのチームにおいて、ポジティブと言えるシーズンを送ったのが、背番号10を背負う司令塔・森岡亮太。リーグ戦全試合に出場し、チームを支えた。また、ハビエル・アギーレ体制下での日本代表に初戦から招集されるなど、躍進の年となった。

 森岡は『サッカーキング』の取材に対し、「シーズンを通して出続けるということに関してはポジティブなシーズン」と振り返る一方で、「後半戦、あれだけ結果が出なかった。チームとして、雰囲気も良くなかったです。例年のヴィッセル神戸の良くない部分が出ました」と失速を悔やむと、「僕自身もチャンスが多々あったので、結果として出していかなければいけなかった。結果を出していれば変わっていたと思います」と反省を口にした。

 2015シーズンからは柏レイソルを率いていたネルシーニョ監督が新指揮官となる神戸。柏と対戦した時の印象は「試合をするのは好きじゃなかったですね。チームとして意識も統一されていました」と語った森岡は、「僕は日本人監督の下でやることばかりだったので、楽しみです」と話す。目標についても「(開幕前にタイトル獲得が目標を明言して)この順位だったので、タイトルは間違いなく目指すところです。個人としては、出場を続けたことは継続して、得点とアシストの数字を求めたいです」と、力強く話した。

 9月の初招集から10月、11月と招集された日本代表でのプレーについて、「海外の相手とやる機会もあまりなかったので、出場時間は短かったですが、貴重な経験になりました」とコメント。「海外に行きたいという目標もあるので、自分も早くその舞台で戦いたいと思いました」と、海外組から強く刺激を受けたことも明かしてくれた。

 アギーレ体制で3試合に出場したが、1月に開催を控えるアジアカップの23名からは落選した森岡。「アピールが足りなかったということだと思います」と答えると、「4年後(ロシアW杯)は目標。ステップアップすれば、間違いなく入れる自信というか、思いはあります。自分がどれだけ上に行けるかということですね。まずはヴィッセルで結果を出すことだと思います」と、日本代表入りへの意気込みも口にしている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る