FOLLOW US

鳥栖、清水から吉田豊を獲得「必要としてくれたチームに感謝します」

鳥栖への完全移籍が発表されたDF吉田豊 [写真]=Getty Images

 サガン鳥栖は9日、清水エスパルスからDF吉田豊を完全移籍で獲得したと、クラブの公式サイトで発表した。

 24歳の吉田は、2008年に静岡学園高校からヴァンフォーレ甲府へ入団。4シーズンに渡ってプレーし、清水には2012年から移籍加入していた。これまで、J1リーグ戦通算108試合に出場し2得点、J2リーグ戦通算60試合出場を記録。また、年代別の日本代表としてFIFA U―17ワールドカップや、2012年のトゥーロン国際大会などのメンバーにも選出された経歴がある。

 今回の移籍に際し、吉田は「今年、清水エスパルスから移籍することになりました吉田豊です。僕を必要としてくれたこのチームに心から感謝します!そして少しでもこのチームの力になれるよう、精一杯頑張りますので応援よろしくお願いします!」と抱負を述べた。

 また、前所属となる清水に向けては、以下のようにコメントを発表している。

「2012年に加入してから3年間、大変お世話になりました。これまでチームとしては満足してもらえる結果が出せず、特に昨シーズンは最後まで苦しい思いをさせてしまって申し訳なく思っています。この3年間は素晴らしい環境と良い仲間たちの中でサッカーができたことは、清水に来て本当に良かったです。しかし、自分のサッカー選手としてのキャリアを考えたときに、ここで新たな環境でチャレンジしたいと思い、今回移籍を決断しました。サポーターの皆さんには、厳しい状況の中でも背中を押してもらい、心から感謝しています。本当にありがとうございました」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO