FOLLOW US

松本GK永井堅梧が富山へ期限付き移籍「成長して帰って来たい」

ユース年代の代表経験があるGK永井堅梧 [写真]=Getty Images

 松本山雅FCは9日、GK永井堅梧カターレ富山へ期限付き移籍することが決定したと、クラブの公式サイトで発表した。移籍期間は2015年2月1日から2016年1月31日まで。

 20歳の永井は三菱養和SCユース出身で、2013年に松本へ加入。これまで松本の選手としてのリーグ戦出場はないが、2014シーズンはJリーグ・U―22選抜として明治安田生命J3リーグに8試合出場している。

 今回の移籍に際し、永井は「この度、カターレ富山に期限付き移籍することになりました。自分自身レベルアップする為に環境を変える事にしました。成長して帰って来たいと思います。これからも応援宜しくお願いします」とコメント。

 また、加入先である富山に向けては、「カターレ富山のファンやサポーターの皆さん、初めまして永井堅梧です。J2昇格に貢献できるように、一生懸命頑張りたいと思います。よろしくお願いします」と、意気込みを語っている。

 富山は2014シーズンのJ2で最下位に終わり、2015シーズンはJ3に所属することが決まっている。なお、契約により永井は期限付き移籍期間中、松本と対戦するすべての公式戦に出場することができない。
 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO