FOLLOW US

岡山にS級コーチ2名が就任…市船やユース代表指揮の布氏と元FC東京の戸田氏

ファジアーノ岡山のコーチに就任した戸田氏 [写真]=新井賢一

 ファジアーノ岡山は8日、2015シーズンから布啓一郎氏と戸田光洋氏がコーチに就任すると発表した。

 布氏は1960年生まれの54歳。1984年から2002年まで市立船橋高校でサッカー部の監督を務め、全国高校サッカー選手権大会やインターハイなど数々のタイトルを獲得。多くのプロ選手を輩出した。2003年にはU-17日本代表、2009年にはU-19同代表の指揮官に就任。日本サッカー協会の技術委員としてもユース年代の強化にあたった。Jリーグクラブでの指導は今回は初となる。

 コーチ就任にあたり、布氏は以下のようにコメントしている。

「今シーズンから、ファジアーノ岡山のコーチに就任する事になりました。先輩方の築かれた伝統を引き継ぎ、これから無限に発展していくチームに関われる事を大変うれしく思います。監督をサポートし、選手、サポーターの皆様と一丸となり、目標を達成できるように全力で取り組んでいきたいと思います。宜しくお願い致します」

 また、戸田氏は1977年生まれの37歳。現役時代はFC東京清水エスパルスでプレーした。引退後は指導者に転身し、立正大学のサッカー部でコーチを務めていた。

 戸田氏はコーチ就任に向けて、以下のようにコメントしている。

「歴史と伝統のある岡山。この街とともに夢と希望を共有できるファジアーノの一員として闘えることに、喜びと責任を強く感じております。『子どもたちに夢を!』という理念を胸に目標のJ1昇格に向け、コーチとして、ファジアーノにとってのきびだんごのような存在になりたいと思います。そのために、自分にできることをなりふり構わずとことんやる覚悟です。共に闘いましょう。よろしくお願いします」

 なお、両氏ともに日本サッカー協会公認のS級コーチライセンスを保持している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO