FOLLOW US

神戸MF杉浦恭平が仙台へ完全移籍「早く認めてもらえるように頑張る」

 ベガルタ仙台は7日、ヴィッセル神戸のMF杉浦恭平が完全移籍で加入することを発表した。

 現在25歳の杉浦は、静岡学園高校を卒業して2007年に川崎フロンターレへ加入。その後、2010年と2011年に愛媛FCに期限付き移籍で加入し、再び川崎に1年在籍、2013年からは当時J2の神戸に移籍した。神戸ではJ1昇格を経験することができたが、迎えた2014シーズンのリーグ戦は5試合の出場にとどまり、ヤマザキナビスコカップには6試合出場し1得点、天皇杯には1試合出場していた。

 杉浦は仙台のクラブ公式HPを通して、「ヴィッセル神戸から加入することになりました杉浦恭平です。ベガルタ仙台のために、走り、戦い、1試合、1試合全力で取り組みたいと思います。早く皆さんに認めてもらえるように頑張ります。応援よろしくお願いします」と、意気込みをコメント。

 また神戸に向けては、「2年間という短い間でしたが、ヴィッセル神戸という素晴らしいクラブでサッカーが出来たこと、2013年J1昇格、サポーター、ファンの皆さんと共に闘えたことを誇りに思います。成長させていただき、本当にありがとうございました。また、仙台の一員としてノエスタに帰ってきたいと思います。ありがとうございました」と、感謝の言葉を口にした。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA