FOLLOW US

横浜FMの小椋祥平、G大阪へ完全移籍「当然レギュラーを掴み取る」

G大阪への完全移籍が発表された小椋祥平(右) [写真]=Getty Images

 ガンバ大阪は7日、横浜F・マリノスからMF小椋祥平が完全移籍することを発表した。

 小椋は1985年生まれの29歳。2004年に水戸ホーリーホックでJリーグデビューを果たし、2008年に横浜FMへ移籍。2014シーズンはJ1で19試合に出場、ヤマザキナビスコカップでは2試合、天皇杯の1試合に出場するほか、AFCチャンピオンズリーグの舞台も3試合経験していた。

 2015シーズンからG大阪の一員になるにあたり小椋は、「横浜F・マリノスから移籍してきました小椋祥平です。3冠を達成したチームの一員となれることをとても嬉しく思います」と、喜びを表現。

「ボランチには、遠藤さん、今野さん、明神さんという実力のある選手たちがいますが、やるからには、当然レギュラーを掴み取るつもりでいます。自分は決して上手いプレイヤーではありませんが、気持ちの入ったプレーを見せるので、ぜひ応援をよろしくお願いします」と、強い意気込みを語った。

 また横浜に対しては、「2015シーズンからガンバ大阪でプレーすることが決まりました。対戦相手とはなりますが、これからもプレースタイルは変えず自分らしくプレーしたいと思っていますので、この先も応援してもらえると嬉しいです。日産スタジアムでF・マリノスと試合することを楽しみにしています。7年間、ありがとうございました」と、感謝のコメントを残した。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA