FOLLOW US

山形、GK山岸が浦和から完全移籍「来季も一緒に闘いましょう!」

浦和からの完全移籍が発表された山形GK山岸範宏 [写真]=Getty Images

 モンテディオ山形は23日、浦和レッズからGK山岸範宏を完全移籍で獲得したとクラブの公式サイトを通して発表した。

 36歳の山岸は今年6月から期限付き移籍で山形に加入し、キャプテンとしてチームのJ1昇格に貢献。J1昇格プレーオフ準決勝の磐田戦では、後半アディショナルタイムにGKとしてJリーグ初となるヘディングゴールを決め、話題を集めた。
  
 今回の完全移籍に際し、山岸はクラブを通して「この度、モンテディオ山形への完全移籍が決定致しました。自分のキャリアを蘇らせてくれたモンテディオ山形のクラブ、そしてクラブを支えるサポーターの皆さんに日々感謝しております。この感謝の思いを来季J1のステージで皆さんに自分の熱きプレーで恩返ししていきたいと思っております。また、来シーズンもNDソフトスタジアム山形にお越しいただき、山形の選手と、“モンテディオ山形”の山岸範宏にパワーを送って下さい。一緒に闘いましょう!」とコメント。

 また、前所属の浦和の公式サイトでは、以下のようにコメントを発表している。

「このたび、モンテディオ山形に完全移籍することになりました。浦和レッズで過ごした13年半の長い時間は、僕をサッカー選手としてだけでなく、ひとりの人間として大きく成長させてくれました。この時間で得た経験と財産は自分にとって掛け替えの無いものですし、今後も貪欲に自分を高め、さらに成長したいと思っています。ファン・サポーターの皆さんには、いつどんな時でも自分の背中を押してくれ、共に戦ってくれたことを感謝しています。レッズサポーターを背にして立つ、埼スタと駒場のゴール前は最高に幸せな場所でした。また今後、埼スタのピッチでお会いできることを楽しみにしています。そして、浦和レッズの今後さらなる躍進を期待しています。本当にありがとうございました」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA