FOLLOW US

ナビスコに続きJ1制覇…G大阪FW宇佐美、優勝の瞬間は「泣いてねーし」

優勝シャーレを掲げるガンバ大阪のFW宇佐美貴史 [写真]=Getty Images

 J1最終節が6日に行われ、ガンバ大阪徳島ヴォルティスと対戦。両チームともに最後までゴールを奪えず0-0で引き分けた。

 同じ勝ち点の2位・浦和レッズ名古屋グランパスに2-1で敗れたため、G大阪の9年ぶり2度目の優勝が決定。2011年の柏レイソル以来となるJ1昇格年のリーグ制覇を達成した。

 試合後、記者団の取材に応じたFW宇佐美貴史は、「堅かったと思う。相手があれだけ引いた戦い方をされたので難しかったですけど、そこは崩して、最後は勝って終わりたかったです」とコメント。「周りが喜んでいるのを見て、『あ、優勝したんや』と思って。泣いてはないと思います。泣いてねーし」と優勝の瞬間を明かした。

 優勝へのターニングポイントを問われると「鹿島戦じゃないですかね。アウェーの。あそこをぎりぎりで勝てたことによって、そういう癖がついたというか、苦しい試合も自分たちでものにするというか」と語り、「鹿島との一戦が、チーム全体が優勝を意識するターニングポイントになったと思うし、チーム自体がのっていくきっかけにもなったと思う」とコメントした。

「めっちゃ重かったしめっちゃ冷たかった」と感想を語った優勝シャーレについて宇佐美は、「ああいうのは持ちたくないタイプなんで実は」と語るも「最後に持たせてもらって、そこで実感がわいたって感じです」と明かしている。

 2012年にJ2に降格し今季J1に復帰したガンバ大阪だが、宇佐美は「J2に落ちたとき、僕自身は海外にいましたけど、ガンバの全員がすぐに残留して、ガンバを上に上げたいっていう気持ちを見たときに、全くガンバの将来は心配ないなと思った」と語り、「そういうところから築き上げてきた気持ちがこういうタイトルにつながったと思う」と、優勝への要因を語った。

 また、今年のガンバの強さを問われると「総力ですね。完全に」と断言。「僕自身がダメな時に、出た選手が結果を出しますし、それで僕も危機感を持ってやれた。誰が出ても結果をだしますし、チーム全体で、チーム全選手で獲った結果だと思います」と説明した。

 そして、自身の海外に行く前と後の違いについては「ポジションも違いますし、メンタリティというか、僕自身も多少なりとも変わって返ってきたと思いますし、普段の過ごし方から人との接し方、プレーも全部が変わったと思う」と明かしている。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA