FOLLOW US

G大阪、リーグ制覇で3冠へ王手…遠藤「必ず達成したい」

優勝シャーレを掲げるガンバ大阪のMF遠藤保仁(中央)[写真]=Getty Images

 J1最終節が6日に行われ、ガンバ大阪徳島ヴォルティスと対戦。両チームともに最後までゴールを奪えず0-0で引き分けた。

 同じ勝ち点の2位・浦和レッズが名古屋グランパスに2-1で敗れたため、G大阪の9年ぶり2度目の優勝が決定。2011年の柏レイソル以来となるJ1昇格年のリーグ制覇を達成した。

 主将の遠藤保仁は、「できれば勝って終わりたかったですけど。J2から上がってきて最初のJ1の年でリーグ制覇できたのは非常に嬉しく思いますし、全員がハードワークしてくれたおかげだと思います」と優勝に喜びを見せた。

 後半は、幾度となくゴール前に迫りながらも得点できなかった同試合について、「もちろんどこかでワンチャンスを決められればとは思っていました。最後はパワープレーが多かったですけれど、それまでは慌てずにまずは失点しないことも考えながらやっていました」とコメント。「他会場の結果が分からなかったので、もちろん点を取りにいくという姿勢はずっと持っていましたし、90分間を通して冷静に戦えたとは思います」と振り返った。

 さらに「できれば笛が鳴った瞬間に喜びたかったですけれど、優勝は優勝なんで、支えてくれた人たちに感謝したいです。昨シーズンは悔しい思いをしながら戦っていたので、そういう意味では長谷川監督を始め、全員がいい仕事をしたと思っているのでとても嬉しく思います」と喜びを噛み締めた。

 遠藤は「まずはこのリーグ戦の優勝を全員で喜びたいなと思いますけど、週末喜びすぎて体調を壊さないようにしたいとも思います」と話し、天皇杯に向けて「3冠の可能性がある限りはそれを目指して、次は最高のパフォーマンスを見せて必ず3冠を達成したいなと思います」と意気込みを語った。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA