FOLLOW US

降格圏からの大逆転Vを喜ぶ長谷川監督「素晴らしいチームになった」

チームの成長を称えたG大阪の長谷川健太監督 [写真]=安田健示

 J1最終節が6日に行われ、ガンバ大阪徳島ヴォルティスと対戦。両チームともに最後までゴールを奪えず0-0で引き分けた。

 同じ勝ち点の2位・浦和レッズ名古屋グランパスに2-1で敗れたため、G大阪の9年ぶり2度目の優勝が決定。2011年の柏レイソル以来となるJ1昇格年のリーグ制覇を達成した。

 試合後、長谷川健太監督は「勝って終わりたかったですけどね。ハラハラしました。ロスタイムに入ってから他会場の結果を聞いたので、とにかくあまり上がるなという指示を出しました」と語り、「勝って終わればもっと最高だったとは思いますけど、1年間みんなで戦ってきて、こういう結果を得ることができたのでほっとしています」と優勝を喜んだ。

 一時は降格圏の16位にまで落ちたG大阪。長谷川監督は、「本当に選手がよく頑張ってくれたと思いますし、スタッフが一つになって、クラブも支援してくれて、何よりサポーターが苦しい時期に本当に応援してくれた。こういう結果になるとは思ってなかったですけど、サポーターにプレゼントができて良かったなと思います」と、シーズンを通して支えてくれたサポーターへ感謝の言葉を述べた。

 勝因については、「チームが一つになったことだと思います。厳しいゲームが続きましたけど、色んな選手が出て結果を残してくれて、最後は本当に良いチームに、素晴らしいチームになったと思います」とコメントし、「中断前はまだまだJ2のチームという感じがしましたけど、中断後以降はたくましくなったなという気がしました」とチームの変化を語った。

 これでG大阪は、ヤマザキナビスコカップとリーグ制覇を達成。最後は、「1週間あるのでしっかり休んで、また次の天皇杯に向けてしっかりと準備をしていきたいと思います」と3冠達成へ意気込みを示した。

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA