FOLLOW US

失点場面を悔やむ伊野波「紙一重の部分に今年の全てが詰まっている」

 ジュビロ磐田は30日、J1昇格プレーオフの準決勝でモンテディオ山形と対戦し、1-2で破れた。

 1-1で迎えた後半アディショナルタイム、山形がCKのチャンスを獲得する。すると、ゴール前に上がっていたGK山岸範宏がヘディングで決勝ゴールを叩き込み逆転。この結果、「1年でのJ1復帰」という目標を掲げていた磐田は、来季もJ2で戦うことが決定した。

 試合後、DF伊野波雅彦は「最後、ああいう形になってしまったけれど、そうでなかったら結果オーライだった」と失点場面を悔やみながら、「そこの紙一重の部分に色々詰まっていると思います。今年、僕らができなかったことや、集中力がなかったこと、全てのことが詰まっていると思います」と振り返った。

 J2での戦いに難しさもあったのではないか、と問われた伊野波は「慣れる慣れないではなく、力がなかったということを考える方が先だと思います」と答え、劇的な敗戦に肩を落とした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA