FOLLOW US

後半ATに劇的同点弾決められ落胆する槙野「追加点の大事さを痛感」

水沼(左)と激しく競り合う槙野(右) [写真]=浦正弘

 J1第33節が29日に行われ、首位の浦和レッズは4位のサガン鳥栖と対戦した。PKで先制した浦和だったが、試合終了間際にセットプレーから同点に追いつかれ、1-1で引き分けた。

 浦和は68分に菊地直哉の一発退場からPKを獲得し、先制点を挙げる。DF槙野智章が、「ボールを回す中で、チャンスがあれば2点目を取りたいなと思っていましたし、実際にチャンスもあった」と言うように、数的有利になってからはより積極的にゴールに迫った。

 しかし、後半アディショナルタイムにCKから小林久晃にヘディングシュートを決められ失点。槙野は「相手が前に出てきたときこそスイッチを入れないといけなかった。実際、こちらの決定機もあったので、そういうときに決め切らないとサッカーというのは自然とチャンスの後にピンチが訪れる」とコメント。「2点目を取る大事さっていうのを痛感した」と反省を口にした。

 勝ち点3を確信していただけに、槙野は「あともう少しってところでやられてしまったのは、集中力の問題なのか運の問題なのか…」と、引き分けという結果に肩を落とした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA