FOLLOW US

群馬DF金沢浄が引退「充実した現役生活を送ることが出来た」

引退を発表した金沢浄 [写真]=Getty Images

 ザスパクサツ群馬は29日、DF金沢浄が今シーズン限りで現役引退することを発表した。

 金沢は1976年生まれの38歳。1999年に国士舘大学からジュビロ磐田に加入し、FC東京でもプレー。今季から群馬に加入し、これまでJリーグ通算232試合出場、7得点を記録していた。引退に際し、金沢はクラブを通して以下のようにコメントしている。

「今シーズン限りで引退する事を決意しました。38歳までサッカー選手を続けることができるとは思っていませんでしたが、沢山の方々の応援やサポートのおかげで充実した現役生活を送ることが出来ました。皆様に感謝申し上げます。そして、これからも続く私のサッカー人生も応援して頂けたら幸いです。16年間本当に本当にありがとうございました」

Jリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA