2014.11.29

群馬DF金沢浄が引退「充実した現役生活を送ることが出来た」

金沢浄
引退を発表した金沢浄 [写真]=Getty Images

 ザスパクサツ群馬は29日、DF金沢浄が今シーズン限りで現役引退することを発表した。

 金沢は1976年生まれの38歳。1999年に国士舘大学からジュビロ磐田に加入し、FC東京でもプレー。今季から群馬に加入し、これまでJリーグ通算232試合出場、7得点を記録していた。引退に際し、金沢はクラブを通して以下のようにコメントしている。

「今シーズン限りで引退する事を決意しました。38歳までサッカー選手を続けることができるとは思っていませんでしたが、沢山の方々の応援やサポートのおかげで充実した現役生活を送ることが出来ました。皆様に感謝申し上げます。そして、これからも続く私のサッカー人生も応援して頂けたら幸いです。16年間本当に本当にありがとうございました」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
47pt
レヴァークーゼン
31pt
シャルケ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
50pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る