2014.11.28

【J1第33節の注目カード 名古屋vs大宮】J1残留圏内との勝ち点差は「3」…大宮は持ち前の“残留力”で最終節に望みをつなげるか

J2降格圏に沈む大宮は持ち前の“残留力”で巻き返せるか [写真]=Getty Images

■名古屋グランパス 今季ホーム最終戦、サポーターに豊スタ初勝利を届けられるか

 前節は清水と引き分け、数字的にもJ1残留を確実にした。ただし、ホーム最終戦では「是が非でも勝ちたい」(西野朗監督)理由がある。

 ひとつは、戦いの舞台が豊田スタジアムであること。今季のホーム戦はわずか2勝で、同スタジアムに至っては未だに勝利なしという皮肉ぶり。ロスタイムに被弾することも多く、ネガティブな光景が浮かぶばかりだが、だからこそ「チャンスがあと一回ある」(西野監督)。何度も敗北の憂き目に遭ってきた場所でサポーターに初勝利を届けることは責務だ。

 そして、3選手が“最後の豊スタ”を迎える。退団が決まっているケネディ、引退する中村直志、25日に契約満了が発表された玉田圭司だ。彼らはもちろんのこと、選手たちにも気合いが漲っている。残留争いの渦中にいる大宮が相手だが、大きな目標ができた今、モチベーションの面でも引けを取らないはずだ。

 今季は大宮と2度対戦し、いずれも勝利。第2節で顔を合わせた際にゴールを挙げた玉田は絶好調であり、中盤の構成力は高まるだろう。試合を支配しつつ、自己最多得点まであと1点に迫った永井謙佑、清水戦で見事なゴールを挙げた田鍋陵太の快足を生かしたい。本多勇喜を欠く左SBはダニルソンが務めることになりそうだが、1対1とフィジカルの強さは誰もが知るところ。シンプルなプレーが可能となった場所で、むしろ長所が引き出されるかもしれない。(totoONE編集部)

■名古屋予想スタメン
4-4-2
GK
楢崎正剛
DF
矢野貴章
牟田雄祐
田中マルクス闘莉王
ダニルソン
MF
田口泰士
矢田旭
田鍋陵太
永井謙佑
FW
川又堅碁
玉田圭司

■大宮アルディージャ J1残留に向けて敵地で勝ち点3を手にできるか

 リーグ戦2試合を残し、J2降格圏の16位に位置。「絶対に勝つしかない」と語るのは、前節の柏戦で前半の終了間際に同点ゴールを挙げた橋本晃司だ。橋本は続けて、「名古屋を相手に(シュートを)数多く打たないといけないし、根気よく攻撃しなければならない」と意気込む。相手守備陣には田中マルクス闘莉王というディフェンスリーダーが存在するだけでなく、最後尾には楢崎正剛という最後の砦が控えているからだ。

 是が非でも勝ち点3を手にするためには橋本の言うように、シュートを止められようとも圧力を掛け続けるしかない。渋谷洋樹監督は「選手たちは集中している」と今週の練習で手応えを感じた模様。渋谷監督は「悪いイメージではなく、良いイメージを持ってもらえるようにしている」と語るように、降格圏内という状況にあっても、選手たちにプレッシャーを感じさせない接し方に務めている。

 最近の傾向として試合の入り方はいいものの、後半は“ふわっと”地に足がついていないような感じになっている。そこはチームとしても修正が必要であると感じており、ボランチでの出場が濃厚な金澤慎は、「相手の時間帯でどれだけ我慢できるか、自分たちの時間帯で点を取れるか」をポイントに挙げている。

「内に秘めるタイプが多い」と橋本が語るように、闘志を前面に出す選手が少ない大宮。その秘めた闘志をピッチ上でしっかりと表現できなければ、勝ち点3を持ち帰るのは厳しいだろう。(上野直彦)

■大宮予想スタメン
4-4-2
GK
清水慶記
DF
今井智基
菊地光将
高橋祥平
中村北斗
MF
増田誓志
金澤慎
家長昭博
橋本晃司
FW
ドラガン・ムルジャ
ズラタン

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
40pt
FC東京
31pt
川崎F
30pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
41pt
町田
40pt
大分
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
34pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る