2014.11.28

【J1第33節の注目カード 柏vs清水】リーグ戦5連勝と好調の柏、残留狙う清水と本拠地で激突

リーグ終盤戦の猛追でACL出場権争いに名乗りを上げた柏 [写真]=Getty Images

■柏レイソル リーグ戦5連勝と好調を持続、指揮官のホーム最終戦を白星で飾れるか

 今の柏は、今季で一番と言っていいほど調子が良い。鹿島、G大阪、仙台、徳島と4連勝で3週間の中断期間を迎え、それによって勢いが削がれないかが心配されたが、前節は大宮を敵地で撃破。今季初のリーグ戦5連勝を飾った。長らくサブメンバーだった太田徹郎のここ数試合での大活躍や、ルーキーの中谷進之介の台頭などもあって、チーム内の競争が活性化し、それが相乗効果をもたらしている。レアンドロ、ドゥドゥ、太田と、前線3選手のコンビネーションは良く、守備陣も若い中谷の頑張りに引っ張られる形で安定感が一気に増した。

 また、今節はホーム最終戦。同時に、退任するネルシーニョ監督がホームで指揮する最後の試合でもある。選手たちは、チームに数々のタイトルをもたらした名将に勝利をプレゼントして終わりたいという意欲に満ち溢れている。柏は現在、ホームで14戦無敗を継続しており、さらに対清水という点でも、ネルシーニョ体制下では本拠地戦で3勝1分と相性が抜群に良い。だが、今季の日本平で行われたアウェー戦では、ミスによる自滅から0-3で完敗し、現体制としては初黒星を喫している。好調とはいえ、軽率なミスを引き起こすようでは、前回対戦の二の舞になりかねない。

 そうは言っても、柏の現在の調子や状態、地の利、相性を考えても、不安材料は見当たらないが、逆に“好事魔多し”という事態には気を付けなければならない。

 大谷秀和は言う。「相手がどうではなく、もう自分たち次第。残り2つ勝って、ACLの出場権を取る」。

 ネルシーニョ監督のホームラストマッチを白星で飾り、ACL出場権獲得の望みをつなげるか――。柏は最高のモチベーションを持って清水を迎え撃つ。(鈴木潤)

■柏予想スタメン
3-4-2-1
GK
桐畑和繁
DF
鈴木大輔
中谷進之介
渡部博文
MF
高山薫
栗澤僚一
大谷秀和
橋本和
ドゥドゥ
太田徹郎
FW
レアンドロ

■清水エスパルス 天皇杯で大敗も若手のパフォーマンスが良い刺激に

 清水は26日、天皇杯準決勝でG大阪と戦い、2-5で敗れてしまった。リーグ戦まで中2日しかないという試合は、主力選手を温存せざるを得ないという状況だったが、加賀美翔がプロデビュー戦でゴールを決めるなど、若手の奮闘が目立った。「これまで試合に出ていなかった選手も、少しはレギュラーの選手を脅かせたのかなと思う」(加賀美)と語るように、チームに刺激を与えたことは間違いないだろう。また、この試合で長沢駿が公式戦で約7カ月ぶりに復帰を果たしたことは、リーグ残り試合に向けて明るい話題だ。76分から出場して、ポストプレーを見せるなど持ち味を発揮。オプションを増やせたことは、試合内容によって大きな武器になる。

 ただ、この試合に出場したレギュラー組であるGK櫛引政敏のパフォーマンスには問題が残った。ファンブルで失点を許したのをはじめ、ミスを重ねた。大榎克己監督は「そこから学習してほしい」と今後に期待しているが、うまく気持ちを切り替えられるかが彼にとっての課題だ。さらに、今節はヤコヴィッチが出場停止。ここにきて同選手のスピードや強さが存在感を増していたため、彼の欠場は痛い。代わりに出場すると見られる19歳の三浦弦太がどれだけカバーできるかに焦点が当たる。

 試合までの2日間では多くのことに取り組むことができないが、チームは前回対戦で3-0で勝利した柏戦のビデオを見て勝機をうかがったようだ。残留に向けてなんとか勝ち点を積み上げたいところだ。(田中芳樹)

■清水予想スタメン
4-1-4-1
GK
櫛引政敏
DF
河井陽介
三浦弦太
平岡康裕
吉田豊
MF
本田拓也
大前元紀
六平光成
竹内涼
高木俊幸
FW
ノヴァコヴィッチ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
40pt
大分
40pt
山口
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
34pt
鹿児島
30pt
沼津
29pt
Jリーグ順位をもっと見る