2014.11.28

【J1第33節の注目カード G大阪vs神戸】攻撃陣好調のG大阪、神戸撃破で首位浮上を狙う

好調を維持するG大阪攻撃陣のパフォーマンスは必見 [写真]=兼子愼一郎,Getty Images

■ガンバ大阪 攻撃陣が絶好調、勝利のカギは守備の出来か

 逆転優勝を懸けた神戸戦を控え、天皇杯の準決勝に挑んだG大阪。「勝てるメンバーを18人選んだ」と長谷川健太監督が言いきったとおり、ほぼベストの顔ぶれで試合に臨み、5-2で清水に快勝。清水戦では、公式戦で8試合得点がなかった宇佐美貴史に待望のゴールが生まれたばかりか、パトリックも2得点をマーク。攻撃陣は確実に調子を上げている。今季の神戸戦3試合で4得点を挙げている宇佐美は“神戸キラー”としての存在感を見せつけるはずだ。また、第32節の浦和戦では途中出場の佐藤晃大と倉田秋が得点したが、天皇杯でも途中出場のリンスがダメ押し点を記録。勝利が不可欠な神戸戦に向けて、交代カードが充実している点も好材料だろう。

 今季は公式戦で3勝1分と相性の良い神戸ではあるが、最大の懸念材料はやはり中2日で試合を迎える選手たちのコンディション面だ。遠藤保仁は「勝って試合に挑めるため、精神的には問題ない」と過密日程を意に介さないが、中3日で挑んだ天皇杯準決勝において、遠藤と今野泰幸は本来のパフォーマンスとは言い難い出来だった。さらに今節は米倉恒貴の出場停止により、左サイドバックに藤春廣輝が起用される見込み。守備に課題のある藤春がいかにペドロ・ジュニオールを封じるかも勝負のカギとなるだろう。

 守備陣に不安を抱えるG大阪ではあるが、好パフォーマンスが続く東口順昭の存在は心強い限り。勝利を収めて、首位の浦和に重圧を掛けたいところだ。(totoONE編集部)

■G大阪予想スタメン
4-4-2
GK
東口順昭
DF
オ・ジェソク
丹羽大輝
岩下敬輔
藤春廣輝
MF
今野泰幸
遠藤保仁
阿部浩之
大森晃太郎
FW
パトリック
宇佐美貴史

■ヴィッセル神戸 今季G大阪戦4試合未勝利、敵地でリベンジなるか

 前節は横浜FMの前に、神戸が目指す“主導権を握るサッカー”を発揮できず。1-2で敗れ、ACL出場権獲得の芽も完全に断たれてしまった。黒星もひとつ先行してしまい、勝ち越してシーズンを終えるためにはもう負けることができない。そして、クラブ最高順位である9位を上回るためにも、なんとか3連敗は阻止したいものだ。

 しかしながら、今節の対戦相手は逆転でのリーグ優勝を狙うG大阪。関西の宿敵とは今季、リーグ戦とナビスコ杯で計4度対戦しているが、1分3敗と白星がない。第17節のホームゲームでは、1-5で大敗するという屈辱も味わっただけに、今回こそリベンジを果たしたい。

 カギとなるのは、神戸との公式戦で7試合9得点を記録する“天敵”宇佐美貴史をいかに抑えるかに尽きる。河本裕之、増川隆洋、橋本英郎らをはじめとする守備陣の奮闘は欠かせない。攻撃陣はペドロ・ジュニオールが精彩を欠くなか、前節に8試合ぶりの出場を果たした田代有三の活躍に期待が懸かる。また、清水時代の2008年、2009年にG大阪との公式戦6試合で6得点、C大阪時代の2012年にも万博で2得点を決めている、“G大阪キラー”の枝村匠馬の出番にも注目したい。そのほかにも、J1通算150ゴールまであと1点に迫っているマルキーニョス、J初得点が万博でのG大阪戦だった小川慶治朗など、楽しみなタレントが並んでいる。2007年の第33節、敵地でG大阪の優勝を阻止した一戦の再現を狙いたいものだ。(totoONE編集部)

■神戸予想スタメン
4-4-2
GK
徳重健太
DF
高橋峻希
河本裕之
増川隆洋
相馬崇人
MF
橋本英郎
チョン・ウヨン
森岡亮太
小川慶治朗
FW
田代有三
マルキーニョス

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
40pt
FC東京
31pt
川崎F
30pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
41pt
町田
40pt
大分
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
34pt
鹿児島
30pt
沼津
29pt
Jリーグ順位をもっと見る