FOLLOW US

京都、川勝監督の退任発表…今季途中に就任もJ1昇格PO出場逃す

 京都サンガF.C.は19日、川勝良一監督が契約満了により今季限りで退任することを発表した。

 川勝監督は退任に際し、クラブ公式HPを通じて次のようにコメントしている。

「J1昇格というクラブが掲げる目標を達成することが出来ず、大変申し訳ない気持ちです。サポーターの皆様をはじめ、スポンサーの皆様、クラブを支えて下さっている全ての皆様に対し、お詫び申し上げます。そして、応援して頂いた皆様には感謝の言葉しかありません。ありがとうございました。しかし、まだホーム最終戦が残っています。クラブの未来につながるように全力で戦います。半年間という短い時間でしたが、本当にありがとうございました」

 京都は今季、ブラジル人のヴァルデイル・バドゥ・ヴィエイラ監督を招へい。しかし6月18日、成績不振を理由にバドゥ監督を解任し、森下仁志コーチが代行監督を務めた。6月29日、森下コーチに代わり京都の監督に就任した川勝氏は、約4カ月チームを指揮したがチームを立て直せず、最終節を前にJ1昇格プレーオフ進出の可能性が消滅していた。

 また、京都は祖母井秀隆氏のGM辞任と来季からの育成部・普及部アドバイザー就任、ならびに森下仁志コーチ、津越智雄フィジカルコーチ、アダウトGKコーチの退任も合わせて発表している。

なお、来季の後任監督は決まり次第発表される模様。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO