2014.11.12

クラブの黄金期を築いた磐田元社長、荒田忠典氏が81歳で逝去

 ジュビロ磐田は12日、1995年から2001年まで代表取締役社長を務めた荒田忠典氏が11日に逝去したと発表した。81歳だった。

 前身のヤマハ発動機サッカー部創設に携わった荒田氏は、社長在任期間中に4度のステージ優勝と2度のJリーグ年間優勝に輝き、1998年にはヤマザキナビスコカップを制した。同年には、未だに破られていない1試合9得点、シーズン34試合で107得点、得失点+64というJリーグ最多記録を打ち立てた。

 さらに、AFCチャンピオンズリーグの前身の一つであるアジアクラブ選手権およびアジア・スーパーカップのタイトルを獲得。磐田の黄金時代を築き、現在監督を務める名波浩氏や中山雅史氏、福西崇史ら多くの日本代表選手も輩出している。

 お通夜は13日、告別式は14日に浜松市内のイズモ葬祭イズモホール浜松貴賓館で執り行われる。

 クラブは、15日に開催されるJ2第41節モンテディオ山形戦のキックオフ前に黙とうを捧げ、選手・スタッフは喪章を着用して試合に臨むことを併せて発表している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
70pt
川崎F
66pt
C大阪
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
58pt
栃木
58pt
沼津
57pt
Jリーグ順位をもっと見る