2014.11.05

長崎MF佐藤由紀彦が現役引退発表…FC東京や横浜FMなどで活躍

佐藤
現役引退を発表した佐藤(左) [写真]=Getty Images

 V・ファーレン長崎は5日、MF佐藤由紀彦が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。

 現役引退の決断を下した佐藤は、クラブ公式HPで次のようにコメントしている。

「私事ではありますが、2014シーズンをもちまして現役を引退することを決意いたしました。20年間のプロサッカー人生においてお世話になりました、清水エスパルス、モンテディオ山形、FC東京、横浜F・マリノス、柏レイソル、ベガルタ仙台、V・ファーレン長崎のサポーター、現場スタッフ、選手、フロント、スポンサー、そして両親、家族。すべての皆さんに、感謝の言葉しかありません。素晴らしいサッカー人生でした! ただ、まだシーズンは残っていますので、あと少しの時間にはなりますが、現役生活をチームメイトと共に全力でもがきたいと思います。本当にありがとうございました」

 現在38歳の佐藤は、1995年に清水商業高(現清水桜が丘高)から清水エスパルスに入団。しかし出場機会に恵まれず、レンタルで1998年にモンテディオ山形(当時JFL)、1999年にFC東京へ移籍し、2000年からFC東京に完全移籍を果たした。2001年には日本代表候補にも選ばれたが、負傷によりレギュラーポジションを奪われると、その後は横浜F・マリノス、清水、柏レイソル、ベガルタ仙台と、複数のクラブを転々とした。2009年に加入した長崎(当時JFL)では主将を務めるなど活躍し、同クラブのJ2昇格に貢献していた。リーグ戦通算成績は、J1で148試合14得点、J2で84試合10得点を記録している。

 なお、15日に行われる京都サンガF.C.とのホーム最終戦の試合後には、引退セレモニーが開催される予定になっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
ドルトムント
40pt
レヴァークーゼン
38pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
55pt
バレンシア
46pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
66pt
ユヴェントス
65pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る