2014.11.01

【J1第31節予想スタメン C大阪vs甲府】J1残留を懸けた大一番…C大阪は堅守を誇る甲府守備陣を崩せるか

C大阪は南野ら攻撃陣の奮起に期待が懸かる [写真]=Getty Images

セレッソ大阪 J1残留のカギは攻撃陣の奮起



 J1残留をかけた大一番、勝ち点3差の13位甲府との直接対決を迎える。前節のアウェー横浜FM戦はスコアレスドロー。勝ち点3が欲しい一戦だったが、終盤は負けない戦いも意識。手堅く勝ち点1を上積みした。しかし、その「1」の価値が高くなるのは甲府戦で勝ってこそ。このホームゲームに勝てば、得失点差で甲府を上回り、順位も入れ替わるできるだけに、C大阪としては引き分けも負けも許されない戦いとなる。

 大熊裕司監督が就任して以降、ホームゲームでは優勝経験のある柏、首位の浦和を下しただけでなく、前々節では緊迫感漂う徳島との残留争い直接対決を制し、3勝1敗と白星先行。今節も大勢のC大阪サポーターの後押しがある長居で、ホームアドバンテージを活かしたい。前回の甲府とのアウェー戦ではスコアレスドロー。シュート数で下回っただけでなく、終盤にはピンチもあっただけに、勝ち点1を拾った試合とも言える。ただ、当時よりもチーム状態は上がっている。過去のリーグ戦におけるホームでの甲府戦未勝利というデータを、ここで断ちきりたいものだ。

 ここ最近は守備が徐々に安定しだしていることもあり、勝利のためには南野拓実杉本健勇永井龍楠神順平カカウ、そしてディエゴ・フォルランと並び立つ、C大阪攻撃陣の爆発が必要不可欠。堅守を誇る甲府の壁を打ち砕き、J2降格圏から抜け出したいものだ。(totoONE編集部)

■C大阪予想スタメン
4-4-2
GK
キム・ジンヒョン
DF
酒本憲幸
藤本康太
山下達也
丸橋祐介
MF
南野拓実
キム・ソンジュン
扇原貴宏
長谷川アーリアジャスール
FW
杉本健勇
永井龍

ヴァンフォーレ甲府 攻撃陣の連係面に手応えも、選手層に不安

 前節は川崎を逆転で下し、攻撃に明るい兆候が見える甲府。盛田剛平(38歳)、石原克哉(36歳)、阿部拓馬(26歳)で組んだ“100歳3トップ”が結果を出した。前半27分の同点ゴールはその典型だったが、味方を的確に使う盛田、オフザボールの動きが良い石原、自分で仕掛けてゴールを奪える阿部拓が、お互いを引き出し合う関係性を築いていた。「あのメンバーでなければ出せないものを彼らは出している」と、城福浩監督に言わしめる攻撃陣だ。

 一方で、そこに絡んでいける選手が他にいないことも事実。今節はキリノがまだ間に合わず、クリスティアーノも連係でなく“個”に偏った選手。河本明人もベテランのような動きの質を持ち得ていない。盛田の起用は60分ぐらいまでがメドで、交代後のクオリティには不安もあるだろう。

 守備は被シュート数J1最少という成果が裏付ける通り、甲府の揺るぎない強みだ。序盤戦に失点を重ねたセットプレーの守備も、試合ごとに修正を重ね、第6節以降はパタッと失点が止まった。今季のセットプレー失点数「8」は、J1最少の数字である。

 今節は右ウイングバックの位置で徐々にフィットしてきたジウシーニョが累積警告で欠場。青山直晃も体調不良により2試合を欠場した状態からの復帰で、DFライン右側の2枚に若干の不安感がある。とはいえ、組織力の完成度と戦術の定着を考えれば、大きな問題にはならないはずだ。(大島和人)

■甲府予想スタメン
3-4-3
GK
荻晃太
DF
青山直晃
山本英臣
佐々木翔
MF
松橋優
新井涼平
マルキーニョス・パラナ
阿部翔平
FW
石原克哉
盛田剛平
阿部拓馬

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
22pt
大宮
20pt
甲府
19pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る