FOLLOW US

【J1第30節予想スタメン 徳島vs名古屋】J2降格決定も、徳島は悲願のJ1ホーム初白星に向けて意欲十分

ホーム戦初勝利を狙う徳島 [写真]=Getty Images

徳島ヴォルティス 前節敗戦で降格決定も、ホーム戦初勝利への意欲は十分

 前節はC大阪に1-3で敗北。リーグ戦5試合を残し、残念ながらJ2降格が決定してしまった。これで8試合連続白星なし。連戦となる今節の名古屋戦は、コンディション面でもメンタル面でも厳しい試合となることが予想される。しかし、苦しい試合の中でも前々節の神戸戦、前節のC大阪戦で意地を見せ、リードする試合展開も見え始めた。特に得点から遠ざかっていた前線の高崎寛之衛藤裕の活躍が目立ち、執念とも言える戦いを感じさせている。また、守備陣はリーグ戦再開直後のような粘り強さを取り戻し始めている。

 降格が決定したことは揺ぎない事実だが、徳島にはまだ達成しなければいけない目標がある。J1でのホーム初勝利だ。今季リーグ戦で勝利を挙げた試合はすべてアウェー。残り5試合は1試合でも多く勝利を目指すとともに、「絶対にホームで勝利を挙げる」という思いは強い。ホーム戦は今節を含めて残り3試合。連戦、降格決定直後ではあるが、今節のチャンスを簡単に逃すわけにはいかない。前節はアドリアーノも公式戦復帰を果たし、勝利するための要素も整い始めた。第15節で名古屋と対戦した際は1-1でドローと、勝利の可能性は大いにある。チームの目標が明確になった今、チームは最後の粘りを見せてくれるに違いない。(totoONE編集部)

■徳島予想スタメン
3-4-2-1
GK
長谷川徹
DF
藤原広太朗
福元洋平
橋内優也
MF
大崎淳矢
濱田武
エステバン
アレックス
衛藤裕
アドリアーノ
FW
高崎寛之

名古屋グランパス 勝利のカギは得点力にあり、永井不在の影響はいかに

 その数、実に20本。相手の3倍以上となるシュートを乱れ打ったが、最後までゴールネットを揺らせず。前節仙台戦のスコアレスドローは、決定力不足ゆえの結果と言わざるを得なかった。

 ゴールは水物で、個々のシュート精度を劇的に改善させることは望めない。それでも西野朗監督は「(点が)取れなければ、もっともっとチャンスを膨らませていかなければならない」と語る。今節はチーム得点王の永井謙佑を出場停止で欠く中、「2試合連続無得点中」という状況を打破する必要がある。

 光明はある。カウンターが攻撃の主体となっている名古屋は、ボールを持たれたほうが破壊力を見せるチームだが、圧倒的にボールを支配した仙台戦ではむしろ決定機を量産。矢田旭がボランチという新境地で、たくましさを増す田口泰士とともにチャンスを創出した。相手の特徴を考えた攻撃采配ではあったが、堅陣からのカウンターを特徴とする徳島は仙台と似たタイプ。ダニルソンが復帰するとはいえ、ボール保持の時間が長くなると予想される一戦だけに、嬉しい発見である。

 そして、4失点大敗を喫した前々節の広島戦から、隙のない戦いも復元させた。得点のない展開でも、GK楢崎正剛を中心に相手のカウンターに冷静に対応。息を吹き返す要因となった原点を取り戻したことは、名古屋にとって大きな財産だ。

 状況は仙台戦と酷似している。いかに隙を見せず、いかに得点できるか。仙台戦で得た功罪を生かしたい。(totoONE編集部)

■名古屋予想スタメン
4-2-3-1
GK
楢崎正剛
DF
矢野貴章
牟田雄祐
田中マルクス闘莉王
本多勇喜
MF
田口泰士
ダニルソン
松田力
矢田旭
小川佳純
FW
川又堅碁

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO