2014.10.24

【J1第30節予想スタメン 清水vs広島】前節の劇的勝利でチーム状態は良好、J1残留を目指す清水が広島を迎え撃つ

清水は前節、終了間際の得点で新潟に勝利 [写真]=Getty Images

清水エスパルス 得点パターン増加は好材料も、フィジカル面に不安を残す

 前節、6連敗中と鬼門だった新潟戦に勝利して土壇場の強さを見せた。これでホーム2連勝。その2試合とも先制点を挙げている石毛秀樹の活躍に今節も期待がかかる。大榎克己監督の下、攻撃的センスが再び輝き出し、後半戦から好調を維持。中盤の選手の得点が少なかった清水にとって、得点パターンが増えているのは良い傾向と言えるだろう。シュートの精度に問題が見えた場面があったが、前節は一発で決めてみせるなど、今節の得点も十分期待できる。

 また、村田和哉というスーパーサブが絶好調なのも明るい話題だ。前節の試合終了間際に右サイドをドリブルで駆け上がり、一呼吸置き、落ち着いてクロスを上げたのが、結果的にノヴァコヴィッチがフリーになる時間を作った。これには大榎監督も「非常に成長している」と大絶賛。短い時間でもチャンスを作る武器を持っていることで、試合運びは大きく変わってくる。

 ただ、1点を守れないことは、今後を考える上で大きいかもしれない。前節も先制点を奪ったが、後半に相手のペースになり失点。また、後半に運動量が落ちたのは、この3連戦の初戦である横浜FM戦からの課題だ。中3日の間にどれだけ回復できるのかもカギになる。

 前節の勝利でようやく降格圏を脱出したものの、まだ16位甲府とは勝ち点1差と緊張感のある試合が続く。後半戦の3勝は全てホームで挙げており、地の利を生かして下位を引き離したい。(田中芳樹)

■清水予想スタメン
4-1-4-1
GK
櫛引政敏
DF
河井陽介
ヤコヴィッチ
平岡康裕
吉田豊
MF
本田拓也
大前元紀
六平光成
石毛秀樹
高木俊幸
FW
ノヴァコヴィッチ

サンフレッチェ広島 チーム状態は右肩上がり、エース佐藤も好調を維持

 前節はFC東京に敗戦。しかも、11試合ぶりとなる複数失点を喫した。データだけを見れば広島の状態は良くないように見えるかもしれないが、試合内容は完全に右肩上がりの軌道に入っている。失点の場面では、攻撃がうまくいっているが故の甘さが出てしまったが、狭い地域をワンタッチコンビネーションで突破し、サイドから、中央からチャンスを構築する。ポゼッション率は格段に上がり、好調時の広島らしい小気味良い攻撃が出てくるようになってきた。

 ボールをうまく運べるようになってくると、俄然輝きを増してくるのが、佐藤寿人の底力である。前人未踏となる11年連続二桁得点まであと1点に迫り、最近5試合の公式戦で4得点と持ち前の得点力を見せつけている。得点を取れるスペースを見つけ出し、DFとの駆け引きを楽しみつつ先手を取る。ストライカーとしての能力が、チーム状態の向上とともにゴールへと直結している。

 ただ、今節は佐藤のゴールをことごとくアシストしている高萩洋次郎が出場停止。森崎和幸ミキッチの負傷離脱も続いている状況ではあるが、「試合に飢えている選手がたくさんいる」(森保一監督)。予想スタメンでは高萩のポジションに森崎浩司の名前を挙げているが、他にも野津田岳人浅野拓磨茶島雄介という若くて活きのいい選手も牙を磨いている。誰が出ても不思議ではない。

 2試合連続でアウェー戦となり、コンディション調整の部分で厳しい部分はあるが、チーム状態の向上は誰もが感じている。FC東京戦で見せた少しの「緩さ」を改善し、モチベーションを高く持って試合に臨めば、爆発してもおかしくない。(totoONE編集部)

■広島予想スタメン
3-4-2-1
GK
林卓人
DF
塩谷司
千葉和彦
水本裕貴
MF
柏好文
青山敏弘
柴崎晃誠
山岸智
石原直樹
森崎浩司
FW
佐藤寿人

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る