2014.10.24

【J1第30節予想スタメン 鳥栖vs新潟】ホーム戦3連勝中の鳥栖、“苦手”新潟撃破で上位追撃なるか

ホーム戦3連勝中と本拠地で強さを発揮している鳥栖 [写真]=Getty Images

サガン鳥栖 中盤の要、藤田の不在は大きなマイナス材料に

 川崎との上位対決に敗れ、連勝がストップ。順位もACL出場圏外の5位に後退してしまった。しかし、浦和、G大阪、鹿島といった他の上位陣も勝ち点を伸ばせておらず、目標とするリーグ優勝、ACL出場権獲得の望みは残されており、モチベーションを維持するという意味では過度に悲観するような状況ではない。アウェーでは4連敗となってしまったが、現在3連勝中のホームに戻って戦えるという点は、鳥栖にとって前向きになれる要素だろう。

 懸念材料はチームの中心である藤田直之を出場停止で欠くこと。流れの中での存在感はもちろん、セットプレーのキッカーでもあるだけに、リスタートの精度の低下が心配される。また、鳥栖の代名詞とも言えるロングスローも使えなくなってしまうのは、チームにとって痛手だろう。また、前節はポゼッションに優れた川崎を相手に、後半のほとんどの時間を数的不利の状況で戦うことを強いられた。守備に追われたことでコンディション面にも不安を残す。鳥栖同様、新潟も運動量を持ち味とするチームなだけに、疲労の蓄積が表面化するようだと厳しい展開になるだろう。

 古巣戦となる菊地直哉はアウェーで敗れた際に「ホームでは絶対に勝ちたい」と悔しさをにじませており、この一戦に懸ける思いは強い。ディフェンスリーダーのモチベーションの高さをチームにうまく波及させ、連戦を乗り越えて上位戦線に踏みとどまりたいところだ。(totoONE編集部)

■鳥栖予想スタメン
4-2-3-1
GK
林彰洋
DF
丹羽竜平
菊地直哉
キム・ミンヒョク
安田理大
MF
岡本知剛
高橋義希
早坂良太
池田圭
キム・ミヌ
FW
豊田陽平

アルビレックス新潟 守備再建は絶対条件、2トップの連係も勝利のカギに

 前節は清水に先制されながら、CKから大井健太郎の今季初ゴールで追いつき、逆転に迫る勢いも見せた。しかし、試合終了間際に決勝点を許す悔しい結果に終わった。

 それまで3試合続けて無失点の守備が決壊。失点の仕方も気掛かりだ。先制点はCKから。決勝点は虚を突かれたとはいえ、ゴール前の人数は揃っていただけに、“セットプレーでマークしている選手に前のスペースに入られない”、“ゴール前ではまずマークをつかまえる”という守備のセオリーを、いま一度思い出す必要があるだろう。次節の相手、鳥栖の特徴を考えればなおさらだ。

 攻撃面では、シュート1本に終わった前々節の甲府戦から改善も見られた。清水がボールを奪いに出てきたこともあり、スルーパスから背後を突いたり、右サイドバック松原健のアーリークロス、えぐってのクロスなどからチャンスを創出できた。ただ、好機がありながらも2トップがそこに絡みきれていないのも事実。2試合連続で指宿洋史鈴木武蔵の2トップでスタートしたが、シュートは鈴木の1本のみ。連係はまだまだ熟していない。

 今節はボランチの小林裕紀が累積警告で出場停止。3試合続けて左サイドバックで先発していた小泉慶が代役を務めると予想される。ここにきて負傷者が増え、選手のやり繰りが厳しくなりつつあるのは不安材料の一つ。選手が変わっても、サッカーを変えない戦いができるか。選手層の厚さと質が問われている。(totoONE編集部)

■新潟予想スタメン
4-4-2
GK
守田達弥
DF
松原健
舞行龍ジェームズ
大井健太郎
川口尚紀
MF、
山本康裕
レオ・シルバ
小泉慶
田中亜土夢
FW
指宿洋史
鈴木武蔵

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る