2014.10.17

【J1第28節予想スタメン 新潟vs甲府】J1残留を狙う甲府、攻撃陣の出来が勝利のカギを握る

勝ち点28で14位に位置する甲府 [写真]=Getty Images

■アルビレックス新潟 前節勝利で今季初の連勝、チーム状態も右肩上がり

 前節は川崎に3-0で快勝。今季初連勝、7試合ぶりの複数得点にチームのムードは明るい。夏に加入した山本康裕、ラファエル・シルバに新潟での初ゴールが生まれたことも好材料。攻撃力が際立ち始めたのは、ハイプレスからのショートカウンターが戻ってきたからでもある。

 だが、今節も同様に縦に仕掛けられるとは限らない。舞行龍ジェームズが「甲府は守備をセットするのが早い。攻めが遅くなると難しくなる」と話すように、守備を固められる前に攻め切らないとスペースが消され、攻撃も減速しかねない。セットされても慌てる必要はないが、そうなると遅攻の質が問われてくる。固められてなお、背後を突けるか。

 チームに推進力を与えるカギとなりそうなのが、前節左サイドバックで先発した小泉慶。12日に行われた松本との練習試合でも同ポジションを務めた。本職はボランチで右利きの小泉だが、「ボールを前に運ぶ力は魅力」と柳下正明監督の評価は高い。闘志を前面に、守備の不慣れさを相殺したいところだ。

 松本との練習試合は、同じシステムを用いる甲府を想定してもいた。柳下監督が最終ラインのマークのズレを指摘する場面もあり、システム的な齟齬(そご)をうまく解消しないと、ボールを奪う勢いも損なわれる。

 新潟らしいスピード感を失わず、いかにスペースを攻略するか。守備ブロックを揺さぶりながら、全員で同じプレーの『絵』を描きたい。(totoONE編集部)

■新潟予想スタメン
4-4-2
GK
守田達弥
DF
松原健
舞行龍ジェームズ
大井健太郎
小泉慶
MF
山本康裕
レオ・シルバ
小林裕紀
田中亜土夢
FW
指宿洋史
ラファエル・シルバ

■ヴァンフォーレ甲府 負傷者復帰で攻撃陣に厚み、得点力不足解消なるか

 被シュート数J1最少、失点数も少ない方から数えて7番目という堅守は、間違いなく甲府の強みだ。一方で“堅守”だけでは現在14位の残留争いから抜け出すことが難しい。得点数がリーグワースト2位というデータが示すとおり、攻撃力不足は明らか。今季の6勝はいずれも“先攻逃げ切り”の形で挙げたもので、先制されると手詰まりを起こす現状がある。守備のベースを維持しつつ、攻撃にテコ入れをすることが、チームの取り組んでいるテーマだ。

 得点力不足の要因の一つが、今季ここまでリーグ戦5得点を挙げるにとどまっているクリスティアーノだ。前節大宮戦後に城福浩監督が「コンビネーションと個の特長の落としどころは、もう一度線を引く」と示唆したとおり、新潟戦は彼のスタメン落ちが濃厚だ。

 それが可能なのも、阿部拓馬の負傷がほぼ完治し、半年間の無所属状態から8月に途中加入したキリノのコンディションが上がってきたからである。クリスティアーノがリザーブに回り、さらに盛田剛平、石原克哉、水野晃樹と言った実績のある選手も選択肢に入る。負傷者の復帰により、甲府の攻撃陣は今までになく厚くなっている。

 攻撃の新たな方向性はコンビネーションでゴールを奪うこと。11日には横浜FMとの練習試合で手応えをつかみ、今週の練習でも攻撃の形作りが急ピッチで進んでいる。縦に当てる、押し上げる、3人目が裏を取る、という連係でそれぞれの特徴を引き出し合う――。そんな甲府の新しい攻撃を見せられるかどうかが、勝敗の分かれ目だ。(大島和人)

■甲府予想スタメン
3-4-3
GK
荻晃太
DF
青山直晃
山本英臣
佐々木翔
MF
ジウシーニョ
新井涼平
マルキーニョス・パラナ
阿部翔平
FW
河本明人
キリノ
阿部拓馬

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る