2014.10.17

【J1第28節予想スタメン G大阪vs川崎】優勝戦線生き残りを懸けた大一番、首位浦和への挑戦権を得るのは?

ナビスコ杯準決勝で対戦した際には、G大阪に軍配が上がった [写真]=Getty Images

■ガンバ大阪 8年ぶりのリーグ戦6連勝を記録、攻撃陣の勢いは止まらず

 リーグ戦では前節鹿島に逆転勝ちを果たし、8年ぶりの6連勝をマーク。ナビスコ杯と天皇杯でも勝ち上がり、未だに三冠の可能性を残すチームは、非常に高いモチベーションを保っている。連戦の疲労を考慮して、天皇杯の大宮戦では主力の大半を温存しながらも勝利。「1週間空くので川崎戦には良い状態で挑める」と、宇佐美貴史や遠藤保仁らはベストに近い状況で川崎戦に臨むことになる。

 ただ、ナビスコ杯準決勝第2戦で疲労困憊だった岩下敬輔の回復ぶりは懸念材料の一つ。大崩れはしないチームではあるが、鳥栖戦以降の公式戦は4試合連続失点中で、鹿島戦でもDFラインの乱れから2失点を喫している。強力FWを擁する川崎相手に不安が残る上に、今節はリーグ戦再開後の堅守を支えてきた一人である今野泰幸が累積警告で出場停止。代役は明神智和か内田達也が濃厚だが、いずれにせよ対川崎で重要になるバイタルエリアの守りには不安を抱えることになる。

 一方で攻撃陣は好調だ。鹿島戦で2度先行される展開を跳ね返したように、打ち合いも可能な力が前線に備わってきた。宇佐美はチャンスメイクでも機能中だが、鹿島戦ではパトリックとリンスがそれぞれ貴重なゴールをゲット。特にパトリックは課題だったシュートにも成長の跡を見せており、古巣である川崎との対戦に燃えている。

 固い展開に持ち込めなくても、打ち合いで勝ちきる地力が今のG大阪には備わっている。(totoONE編集部)

■G大阪予想スタメン
4-4-2
GK
東口順昭
DF
米倉恒貴
丹羽大輝
岩下敬輔
オ・ジェソク
MF
阿部浩之
明神智和
遠藤保仁
大森晃太郎
FW
パトリック
宇佐美貴史

■川崎フロンターレ リーグ優勝をかけた重要な一戦、日本代表帰りの小林に注目

 先週のナビスコ杯準決勝で対戦したばかりのG大阪とは、これで3連戦目となる。過去2戦との明確な違いを挙げるなら、この試合の川崎には日本代表の小林悠がいることだろう。帰国翌日となった16日の全体練習から早速合流。「攻撃に関してはやり方が違うので、頭を切り替えて練習に臨みました」と本人は振り返ったが、その日の紅白戦やミニゲームでは軽快なプレーを披露した。当然ながら、代表帰りとして注目を集めるだろう。そこで“らしさ”を出せるかは、この試合におけるトピックと言っていい。

 ただ、燃えているのは小林だけではない。「次こそ結果を出さないと」と静かに力を込めるのは、大久保嘉人と2トップを組み続けていた森島康仁。前線のターゲットとして機能しており、サイド攻撃や空中戦のフィニッシュワークの幅を広げる役割を担った。今節も先発濃厚でそろそろ爆発してほしいところ。カップ戦ではけがで先発を外れていた中村憲剛の先発復帰も濃厚で、2年連続リーグ得点王を狙う大久保、復調のレナトを加えた前線4枚が、中村に操られてどんな破壊力を見せるのか。

 今季の残された試合数は7となった。首位浦和との勝ち点差8をどこまで詰められるかはわからない状況となったが、風間八宏監督が言っているのは、「自分たちの最高のパフォーマンスを見せること」。そして選手たちは「もう1試合も落とせない。勝つことだけを考えてやっていく」と口を揃える。この一戦で全力を尽くす。(いしかわごう)

■川崎予想スタメン
4-4-2
GK
杉山力裕
DF
田中裕介
實藤友紀
谷口彰悟
登里享平
MF
小林悠
中村憲剛
大島僚太
レナト
FW
大久保嘉人
森島康仁

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る