2014.10.17

【J1第28節予想スタメン 徳島vs神戸】今節でJ2降格決定の可能性…背水の陣で臨む徳島は残留への望みをつなげるか

J1残留に向けてあとがない徳島 [写真]=Getty Images

■徳島ヴォルティス 背水の陣で臨む神戸戦、攻撃的なスタイルで挑む可能性も

 前節の浦和戦は1-2で敗れたものの、衛藤裕が今季3ゴール目となる先制点を挙げ、一時はリードすることができた。前線の3人が連動して手数をかけず、シンプルな形で得点できたことは、5試合無得点が続いていた徳島にとって明るい材料となった。6連敗中と苦しい状況ではあるが、先週末は代表戦やカップ戦の影響でリーグ戦開催がなかったこともあり、コンディションは上々だと言える。

 しかしながら、今節は敗れると降格が決まってしまう可能性があり、プレッシャーが掛かる。上位陣が勝利することが前提ではあるが、少しでも残留の可能性を高めるためには勝利しかない。勝利しかないということを考えると、思いきって攻撃的な戦いに切り替えることも大いに考えられる。ここ数節は3-4-2-1で試合に入っているが、流れの中では得点を奪いにいくため、4-4-2にシステムを切り替える場面も増えている。今節も得点が必要なだけに、元々得意としていた布陣を積極的に取り入れることも予想される。さらに今節は残留の望みを残す目的だけではなく、ホームで未勝利だけに本拠地での白星という思いも強いはずだ。

 苦しい状況ではあるが、全員が同じモチベーションで一丸となって試合に臨めるかどうかがカギを握る。(totoONE編集部)

■徳島予想スタメン
3-4-3
GK
長谷川徹
DF
藤原広太朗
福元洋平
橋内優也
MF
大崎淳矢
濱田武
斉藤大介
アレックス
FW
佐々木一輝
高崎寛之
衛藤裕

■ヴィッセル神戸 終盤戦のラストスパートでACL出場権争いに絡めるか

 ここ3試合、1分2敗と白星がない。首位との勝ち点差も16に開き、初冠は極めて厳しくなった。しかし、7位にいる今、少しでも順位を上げてACL出場権争いには絡みたいところ。最下位の徳島と対戦する今節、相手に引導を渡すだけでなく、最近の悪い流れを食い止め、終盤戦でのラストスパートにつなげていきたい。

 リーグ戦中断期間では、日本代表のために不在だった森岡亮太を除き、選手たちは順調にコンディションを整えている。11日には元神戸の三浦俊也監督率いるベトナム代表との練習試合を行って快勝。試合勘も問題ない。また、徳島との対戦成績はリーグ戦6勝1敗と圧倒。近年でも、昨シーズンのJ2での2試合、そして今季第7節といずれも勝利している。

 カギとなるのは、神戸本来の持ち味をいかに出せるか。攻撃的なポゼッションサッカーに取り組み続けた一方で、ハイプレスを用いた速攻、攻守でのチャレンジ&カバーといったクラブ伝統の特長が最近の試合ではかすみ、逆に相手にそれをされて失点した場面も散見された。第7節では敵陣でのボールカットから得点したケースもあっただけに、今一度本来の良さを取り戻したい。

 ブラジル代表戦に出場し、シンガポールから帰国したばかりの森岡の状態を考えると、小川慶治朗、枝村匠馬、石津大介、松村亮ら2列目に入る攻撃陣の躍動も勝敗のポイントになるはずだ。(totoONE編集部)

■神戸予想スタメン
4-3-3
GK
山本海人
DF
高橋峻希
岩波拓也
増川隆洋
相馬崇人
MF
シンプリシオ
枝村匠馬
チョン・ウヨン
FW
ペドロ・ジュニオール
マルキーニョス
小川慶治朗

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る