FOLLOW US

名波新監督が山積みの課題に言及「シュート数が物足りない」

ジュビロ磐田の監督就任会見に出席した名波浩氏(中央)

 ジュビロ磐田は26日、ペリクレス・シャムスカ監督の後任として新たに監督を務める、同クラブOBで元日本代表MF名波浩氏の就任会見を行った。

 名波監督は「ジュビロは選手のことを一番理解しているクラブだと思います。(鈴木)秀人やハット(服部年宏)がいることも大きかった」と語り、就任に際し、正式オファーから約10日間悩んだことを明かした。

 シーズン途中での監督交代については「代わること自体が危機的状況なので、危機感のほうが強い。そこは選手も同じ気持でやってくれると思います」とコメントした。

 名波監督はチームの現状を分析し、「負けた後のフィードバックが足りないし、直近で言うとセカンドボールが拾えていない。サッカーは予測のスポーツなので、そういう点に着眼点がない選手が多過ぎると思っています。あとは、エースのシュート数も物足りない。ポコポコ打てとは言わないが、もう少しチーム全体のシュート数が増えていかないと」と課題を挙げた。

 今後、キャプテンマークを巻く選手を問われると、「山田大記は年長者と後輩の間で良い立ち位置にいて、リーダーシップもとれる理想的な人間だったと思う。その彼がいない中で『リーダー不在』という言葉が出ただけで、リーダーになり得る存在はたくさんいます。スタッフと相談しながら決めていきたい」と答えた。

 サポーターに向けては「これは現役のときからずっと言ってきましたが、プロなのでエンターテイメントを見せたい。選手に対して、内容も問いただしていきたい」と、勝つことを大前提とした上で、見る人に楽しんでもらえるようなプレーを求めていきたいと語った。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO