FOLLOW US

【J1第26節予想スタメン C大阪vs浦和】リーグ戦4連勝で首位快走の浦和、アウェー連戦によりコンディション面に不安も

勝ち点53で首位を走る浦和 [写真]=清原茂樹

セレッソ大阪 浦和にはリーグ戦3試合負けなし、ホームで首位撃破を狙う

 今月は大熊裕司新監督体制の下、リーグ戦12試合ぶりの勝利で再生へ動き出したが、その後は宿敵のG大阪、そして名古屋に連敗。なかなかJ2降格圏を抜け出すことができない。

 今節ホームに迎えるのは首位を走る浦和。現在のJ1で最強の相手との厳しい戦いが待っている。ただし、長居での浦和戦を振り返れば、リーグ戦では最近3シーズン、1勝2分と負けなし。この桜の聖地で、サポーターの心強い後押しを力に勝利をもぎ取りたいところだ。

 チームでは山口蛍の負傷悪化による長期離脱が発表されるなど、依然として苦しい状況が続く。それでも前節、カカウが加入後初得点を決めれば、終盤には怒濤の反撃をし、諦めない姿勢も見せただけに、その強い想いを今節につなげたい。勝利のためには、とにかく先手を取ることが重要。カカウのみならず、永井龍杉本健勇南野拓実ら生え抜きトリオやディエゴ・フォルランなど、攻撃陣の爆発に期待せずにはいられない。

 浦和戦といえば、今季最初の対戦で何もできず、ほぼワンサイドゲームの末に敗れた苦い想い出がある。その敗戦が監督交代を含め、低迷につながってしまった。負の流れを断ち切る意味でも、ここで勝つしかない。(totoONE編集部)

■C大阪予想スタメン
4-4-2
GK
キム・ジンヒョン
DF
酒本憲幸
染谷悠太
山下達也
丸橋祐介
MF
南野拓実
キム・ソンジュン
扇原貴宏
長谷川アーリアジャスール
FW
杉本健勇
カカウ

浦和レッズ 4連勝で首位快走もアウェイ2連戦でフィジカル面に不安を残す

 悲願のリーグタイトルに向け、着実に勝ち点を積み重ねている。8月から続く連勝を4に伸ばし、2位に勝ち点6差をつけて首位を快走。

 もっとも、簡単な試合ばかりではなく、前節の新潟戦では苦戦を強いられた。これまでも新潟には何度も手を焼かされ、今回もミラーゲーム、プレスの戦術に苦しめられたが、試合内容は劣勢でも我慢強い戦いぶりで白星を挙げた。

 今の選手たちは自分たちの得意なスタイルをなかなか出させてもらえない状況でも、どうすれば相手の守備の隙を突けるかを体得している。昨シーズンは下位のチームに不覚を取ることもあったが、今年はきっちりと勝ち星を奪うことができており、それが好成績につながっている要因だ。

 C大阪はタレント揃いでポテンシャルが高いとはいえ、現在は降格圏に沈むチーム。優勝を狙う浦和としては勝ち星を計算しなければいけない相手だが、懸念材料がある。1週間に3試合を行う過密日程のなか、浦和はアウェー2連戦目。しかも新潟、大阪と移動距離がある。対するC大阪は3試合中2試合がホーム開催であり、残り1つのアウェー戦も同じ大阪を本拠地とするG大阪戦と、実質的に移動による負担がない状況だ。浦和は勝負と天秤にかけながら主力選手を可能な限り休ませ、今週の練習もコンディション調整をメインに行ったが、それでも選手たちのフィジカル面ではC大阪に分がある。流れの悪い時間帯も訪れるはずだが、苦しい時をうまくやり過ごし、90分間トータルを考えて試合を進めていけるか。勝負に徹するゲームマネジメントが求められる。(神谷正明)

■浦和予想スタメン
3-4-2-1
GK
西川周作
DF
森脇良太
那須大亮
槙野智章
MF
平川忠亮
鈴木啓太
阿部勇樹
宇賀神友弥
李忠成
柏木陽介
FW
興梠慎三


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO