2014.09.24

W杯でも主審を務めた西村雄一氏、J1通算200試合担当を達成

国際試合でも笛を吹く西村氏 [写真]=Getty Images

 Jリーグは23日、Jリーグ担当審判員の西村雄一氏がJ1通算主審担当200試合を達成したことを発表した。

 西村氏は、同日に行われたJ1第25節のヴァンフォーレ甲府とヴィッセル神戸の一戦で主審を担当。史上4人目となる節目の記録に到達した。

 42歳の西村氏は、2003年4月6日に行われたJ1のファーストステージ第2節におけるヴィッセル神戸と京都パープルサンガ(現 京都サンガF.C.)の一戦で、初のJ1主審を担当。ワールドカップでも、2010年の南アフリカ大会と今年のブラジル大会で、主審を務めていた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
町田
61pt
松本
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る