2014.09.21

群馬の秋葉監督が今季限りで退任「結果を出せず、責任を取りたい」

退任を表明した秋葉監督 [写真]=Getty Images

 ザスパクサツ群馬は20日、秋葉忠宏監督の今季限りでの退任を発表した。

 秋葉監督は、20日に行われたJ2第32節のコンサドーレ札幌戦後に、退任の意志を表明。「もっと上の順位に導けるところで、結果を導き出せず、しっかりとした責任を取りたい。最後までしっかりと残り試合を指揮していく」と語った。

 都丸晃社長は退任表明を受け、「監督にはクラブライセンスの問題などで大変な苦労をかけたが、監督の決断を尊重する。今後、チームの状態や今期ご支援を頂いた多くの方々の思い、来シーズンのチーム編成などを考えながら、慎重に対応していきたい」とコメントしている。

 38歳の秋葉監督は、現役時代に群馬でプレーした経験を持ち、2013年から指揮官に就任していた。今季の群馬は、第32節終了時点で、10勝4分け18敗の勝ち点34で、19位となっている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
61pt
マンチェスター・C
47pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
37pt
ボルシアMG
35pt
バイエルン
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
40pt
レアル・マドリード
40pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
48pt
インテル
46pt
ラツィオ
42pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

横浜FM
70pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
63pt
藤枝
63pt
Jリーグ順位をもっと見る