2014.09.19

【J1第24節予想スタメン 浦和vs柏】好調持続で首位を走る浦和、前評判では優位に立つも柏戦3連敗中と不安なデータも

勝ち点47で首位を走る浦和 [写真]=Getty Images

■浦和レッズ 首位を走る浦和、柏戦は3連敗中と奮わない

 前節は清水に4-1で快勝。相手が浦和の良さを消すために守備的に臨んできたため、シュート数こそ少なかったが、持ち味であるコンビネーションで綻びを生み出し、内容的にも完勝だった。ここ5試合の成績は3勝1分1敗と着実に勝ち点を伸ばし、2位の川崎に勝ち点4差の首位をキープしている。

 清水戦で李忠成が好パフォーマンスを見せたのは好材料だ。これまでの試合では結果を出そうと躍起になるあまり、ゴールに向かう動きばかりで周囲との息が合わずに孤立するシーンもしばしばあったが、清水との試合では味方を生かすプレーも随所に見られた。また、本人が強く望んでいたゴールという結果も残し、「清水戦の得点が乗るきっかけにはなると思う。やっぱり点を取ると気持ちも乗る」と本人は吹っ切れた様子。リーグ終盤戦に向け、攻撃陣の選択肢が増えるのは心強い。

 柏は浦和にとって非常に難しい相手だ。ネルシーニョ監督は相手の強みを消し、弱点を突くことに長ける謀略家。昨シーズン、浦和は柏と3度対戦して2勝1敗と勝ち越しているが、唯一の黒星はタイトルの懸かったナビスコ杯決勝で喫したもの。その6日前のリーグ戦を捨てて“実験”を行い、一番大事な試合で結果を出された。そして、浦和はナビスコ杯決勝から現在まで柏に3連敗中だ。

 柏は2列目の飛び出しからチャンスを作るのが上手いチームであり、浦和はしばしばそういう形でピンチを招いているため、普段以上の警戒が必要だろう。(神谷正明)

■浦和予想スタメン
3-4-2-1
GK
西川周作
DF
森脇良太
那須大亮
槙野智章
MF
平川忠亮
鈴木啓太
阿部勇樹
宇賀神友弥
李忠成
柏木陽介
FW
興梠慎三

■柏レイソル 今季苦手とするアウェイ戦、シーズン終盤を占う一戦に

 17日、ネルシーニョ監督の今季限りでの退任が発表された。クラブとの入念な話し合いの末に至った決断であり、チーム内に大きな波紋はない。むしろ残りのシーズンは、ここまで柏を勝つチームに変えてくれた名将の花道を飾ろうと、選手たちのモチベーションは格段にアップしている。

 そういう状況で迎える浦和戦は、柏にとって重要な意味を持つ大一番だ。「上位に残れるか、中位に終わるか、その争いの一戦」(工藤壮人)。勝てば上位戦線に残れるが、負ければACL圏内からも遠ざかる。ただ、浦和との相性は悪くなく、昨年のナビスコ杯決勝から公式戦では3連勝中。今季もリーグ戦とナビスコ杯の2試合で、僅差ながらも勝利を収めている。

 左サイドの橋本和が、前節は途中で交代し、今週も別メニューの練習を続けている。サイドアタックは柏の大きな武器なだけに、橋本が欠場すれば少なからず影響はあるはずだ。また、今季の浦和戦では、田中順也が2戦3発と大活躍を見せた。この“浦和キラー”の移籍は、今回の対戦にどこまで影響するだろうか。

 さらに、今回は柏が今季苦手とするアウェイでの試合。第10節のG大阪戦を最後にアウェイでの白星はなく、前節も下位に沈むC大阪に敵地で0-2と敗れた。それでも、チームの調子自体は良く、浦和が主導権を握る試合展開が予想されるが、安定した守備をベースに好調を維持する前線の工藤、レアンドロ、高山薫らが繰り出す鋭いカウンターから勝機を見出したい。(鈴木潤)

■柏予想スタメン
3-4-2-1
GK
菅野孝憲
DF
鈴木大輔
増嶋竜也
エドゥアルド
MF
太田徹郎
茨田陽生
大谷秀和
藤田優人
工藤壮人
高山薫
FW
レアンドロ

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る