2014.09.19

【J1第24節予想スタメン 鹿島vs横浜FM】前節敗戦で首位との差が広がった鹿島、優勝戦線生き残りを懸けて重要な一戦に

前節の敗戦で9試合連続負けなし記録が途絶えた鹿島 [写真]=Getty Images

鹿島アントラーズ 現在4位の鹿島、前節の敗戦から切り替えられるか



 試合の多くを支配しながら一瞬の隙を突かれて2失点、前節大宮に悔しい敗戦を喫した鹿島は9試合連続で続いていた負けなしの記録が途切れてしまった。それにより、首位浦和との勝ち点差は再び7にまで開き、リーグ戦は11試合を残すのみ。これ以上、その差を離されるわけにはいかず、一つずつ勝利を積み重ねて10月5日の直接対決までに少しでも差を詰めておきたいところだ。

 今節の対戦相手である横浜FMとは第5節で対戦し、左CKから栗原勇蔵にヘディングシュートを許し先制されたが、土居聖真のドリブル突破で同点に追いつくと、終盤には野沢拓也柴崎岳が得点を挙げ、3-1と会心の逆転勝利を収めている。狙うはその再現だが、このところセットプレーでの失点が増えているだけに、中村俊輔というリーグ屈指のキッカーと高さのある選手が揃う横浜FMは難敵。ここ数試合で見られた集中力の欠如や反応の悪さという反省点を、どこまで修正できているかが問われるだろう。併せて無用なファウルも減らしたい。

 守備に安定を欠き、無失点試合は少ないが、攻撃は数多くのチャンスを作り出してゴールを挙げることができている。周囲と意図が合わないことの多かったダヴィも、トップ下の土居と2人だけで相手守備を崩すこともできてきた。前節の敗戦から切り替え、チームは再び一致団結しようとしている。

 なお、先発には遠藤康青木剛が復帰する模様だ。(田中滋)

■鹿島予想スタメン
4-2-3-1
GK
曽ヶ端準
DF
西大伍
青木剛
昌子源
山本脩斗
MF
柴崎岳
小笠原満男
遠藤康
土居聖真
カイオ
FW
ダヴィ

横浜F・マリノス 対戦成績で互角の相手に対し、守備の立て直しが勝利のカギ

 前節の名古屋戦で完敗し、リーグ戦での連勝が3で止まった。横浜FMにとって、仕切り直しの一戦はリーグ戦での対戦成績が12勝7分12敗と全く互角の鹿島とぶつかる。

 守備面での立て直しが勝利へのカギだ。リーグ3位タイの失点数22を誇りながら、9月は公式戦3試合で計7失点。2失点した前節名古屋戦を含め、カウンターから裏のスペースを突かれるシーンが多い。今週の練習では攻守の切り替えを努めて意識したという。リーグ最多の44得点、最多シュートを放つ鹿島攻撃陣に対し、樋口靖洋監督は「ゴールに向かう強さ、速さがある。オープンなゲーム展開にしたくはない」と警戒した。チームの土台となる堅守で流れを引き寄せたいところだ。

 名古屋戦は枠内シュートがゼロに終わった。今節は切り札としてブラジル人ラフィーニャのベンチ入りが濃厚。負傷明けの齋藤学中村俊輔のコンディションも少しずつだが上向いている。名古屋戦ではベンチスタートだった伊藤翔も10試合ぶりの得点をうかがう。リーグ優勝は現実的に厳しい目標となってきたが、齋藤は「残り試合を捨てるわけにはいかない。可能性や期待を持たせるためにも、勝ち点3を取りに行く」と力を込める。

 前回対戦した3月29日の第5節では、後半だけで3点を失い逆転負け。2012年9月以来の鹿島戦での勝利で、その雪辱を果たせるか。(totoONE編集部)

■横浜FM予想スタメン
4-2-3-1
GK
榎本哲也
DF
小林祐三
栗原勇蔵
中澤佑二
下平匠
MF
三門雄大
富澤清太郎
藤本淳吾
中村俊輔
齋藤学
FW
伊藤翔

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
33pt
横浜FM
30pt
川崎F
28pt
Jリーグ順位をもっと見る
山形
39pt
大宮
35pt
水戸
34pt
Jリーグ順位をもっと見る
熊本
26pt
北九州
25pt
讃岐
22pt
Jリーグ順位をもっと見る