2014.08.22

【J1第21節予想スタメン 大宮vs鳥栖】天皇杯3回戦で新体制初勝利を挙げた鳥栖、勢い持続で連勝を目指す

天皇杯3回戦で新体制初白星を挙げた鳥栖、大宮撃破で公式戦連勝なるか [写真]=Getty Images

■大宮アルディージャ ミッドウィークの勝利を浮上のきっかけにできるか

 ミッドウィークに開催された天皇杯は「まず勝利したことが大きい。相手がJ1かJ2かは関係ない」(北野貴之)と、勝利に恵まれていなかったチームにとっては、今回の勝利を良い流れへ変えるきっかけにしたい。リーグ戦でボランチとして出場している橋本晃司は「次の試合がすごく大事になってくる。天皇杯での勝利を無駄にしてはいけない。順位を上げていくきっかけにしたい」とコメント。今節の重要性は言うまでもない。

 天皇杯でも苦しむ要因となったのは、またしても先制されて追いかける状況になったこと。「集中力、声の掛け合いをしていないわけではないが、今以上にやっていかないといけない」と話すのは横山知伸。また、「前が点を取れているだけに後ろが耐えていれば……。責任を感じてます」とも語っている。前線の選手がコンスタントに得点を取れているため、まず「無失点」という守備に重きを置いて戦ってほしい。なかでもセットプレーでの失点が目立ち、組織として統一感やこぼれ球に対する個人の意識をもう一度確認する必要がありそうだ。

 天皇杯では普段スタメンに顔を並べる選手以外の活躍もあり、勝利と同時にチーム力の底上げにつながった。先に橋本も話したが、天皇杯に出場しなかった選手は良い流れを上手く引き継いで、勝利を無駄にしないようチームとしてまとまっていくことが何より大事だろう。(上野直彦)

■大宮予想スタメン
4-4-2
GK
北野貴之
DF
中村北斗
菊地光将
横山知伸
高橋祥平
MF
家長昭博
和田拓也
橋本晃司
富山貴光
FW
ドラガン・ムルジャ
ズラタン

■サガン鳥栖 天皇杯3回戦で新体制初勝利、大宮撃破で再び波に乗れるか

 吉田恵監督就任後、リーグ戦では連敗を喫し、2試合連続で無得点と暗いムードが漂っていたが、20日に行われた天皇杯3回戦の大分戦は3-1で勝利。これが新体制公式戦初勝利となり、チームにとっては久々の明るい話題となった。

 勝利することでリーグ戦へ弾みをつけることを目的としていたため、大分戦で大幅な選手の入れ替えはなかった。藤田直之、水沼宏太、池田圭、キム・ミンヒョクといった面々は出場なし、あるいは短い時間の出場にとどまっており、リーグ戦に向けたコンディションという面では万全の状態で臨めるだろう。逆に安田理大、菊地直哉、丹羽竜平、高橋義希、キム・ミヌなどは長い時間出場しており、中2日でのアウェイ戦、移動も考慮すればフィジカル面に不安を残すことになる。また、試合翌日にはリカバリー、試合前日は移動となるため、大宮戦に向けた戦術的な準備には多くの時間を割くことができない。そういった不安要素を新体制初勝利の勢いでカバーできるかどうかがひとつの焦点となるだろう。

 リーグ戦では2試合連続無得点での連敗を喫し、リーグ戦再開後は複数得点がなかったが、大分戦では久々の3得点を挙げ、攻撃陣には復調の兆しも見えてきている。選手たちも公式戦初勝利に続き、吉田監督就任後、リーグ戦における初白星に意欲を燃やしている。天皇杯で得た勢いを大宮戦にぶつけていく構えだ。(totoONE編集部)

■鳥栖予想スタメン
4-2-3-1
GK
林彰洋
DF
丹羽竜平
菊地直哉
キム・ミンヒョク
安田理大
MF
高橋義希
藤田直之
水沼宏太
池田圭
キム・ミヌ
FW
豊田陽平

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る