2014.08.22

【J1第21節予想スタメン 甲府vsG大阪】G大阪勝利のカギはセカンドライン…天皇杯は主力温存でフィジカル面の不安はなし

2列目の阿部らの活躍が甲府戦勝利のカギ [写真]=Getty Images

■ヴァンフォーレ甲府 負傷者続出は懸念材料も、天皇杯ではオフェンス面で収穫

 甲府は「けが人が6人で紅白戦のできない状況」(城福浩監督)だ。チームは2日の第18節徳島戦から、試合ごとに負傷者が増えるようなネガティブサイクルに見舞われている。20日に行われた天皇杯3回戦の関西学院戦は中2日の連戦を前提に、レギュラー組を出さざるを得なかった。中断明けの6試合で3得点という得点力不足は解決を必要とする難題だが、攻撃陣は阿部拓馬、水野晃樹が離脱中。直近の6戦が2分4敗と勝ちきれていない中で、それを解決する用兵の選択肢も限られている。

 一方で青山直晃、山本英臣、佐々木翔の3バックは開幕から固定され、昨年から成熟を重ねている。J1で最も被シュート数の少ない守備力は確かな強みで、G大阪との前回対戦(第15節)も0-2と敗れつつ、シュート3本に抑える堅守ぶりだった。

 20日の天皇杯はクリスティアーノのPK失敗などもあり、相手にリードを奪われてハーフタイムを迎える苦しい展開だった。しかし、後半はボールを保持して押し込み、87分、88分に連続ゴールを挙げて逆転している。相手が大学生とはいえ、“先制され引かれると手詰まりを起こす”現象を解決できたことは収穫。また後半途中から起用された石原克哉、盛田剛平の両ベテランが質の高いプレーを見せて大きく貢献しており、G大阪戦も彼らの働きに助けられる部分は大きいだろう。(大島和人)

■甲府予想スタメン
3-4-2-1
GK
荻晃太
DF
青山直晃
山本英臣
佐々木翔
MF
ジウシーニョ
保坂一成
新井涼平
阿部翔平
石原克哉
盛田剛平
FW
クリスティアーノ

■ガンバ大阪 DFラインの連係面で不安、セカンドラインが勝利のカギを握る

 前節の名古屋戦でリーグ戦再開後初の黒星を喫し、6連勝を逃したG大阪だが、守備陣は大崩れすることもなく、チーム内にさほどのダメージはない。

 天皇杯3回戦から中2日で挑むアウェーの甲府戦はコンディションが最大の懸念材料だったが、天皇杯では倉田秋や阿部浩之ら主力を後半まで温存し、右足首を痛めている西野貴治らも出場を回避。肉体的なダメージはない上に、名古屋戦で不発だった宇佐美貴史も天皇杯ではファインシュートを叩き込むなど、前節の敗戦を引きずる気配はない。

 パトリックが前線でタメを作り出すことで阿部や倉田が攻撃に絡めているが、名古屋戦では田中マルクス闘莉王の個の強さにパトリックが封じられたことも敗戦の遠因になった。甲府は昨年までパトリックが所属したクラブだけに、長所も短所も分析済みのはず。「パトリックを生かす工夫がもう少し必要」と阿部も更なる連係アップの必要性を口にしている。

 再開後の6試合で2失点という堅守を支えているのは西野と岩下敬輔のCBだが、西野が右足首を痛めて強行出場となるばかりか、オ・ジェソクも負傷で欠場が濃厚。DFラインの連係にはやや不安が残るところだが、カギを握るのは阿部と倉田のセカンドライン。彼らが甲府の両ワイドに押し込まれるようだと、第15節での対戦のように苦戦は必至だ。阿部と倉田が攻めに絡むためにも、やはりパトリックが前線で機能することは不可欠だろう。(totoONE編集部)

■G大阪予想スタメン
4-4-2
GK
東口順昭
DF
米倉恒貴
西野貴治
岩下敬輔
藤春廣輝
MF
阿部浩之
今野泰幸
遠藤保仁
倉田秋
FW
パトリック
宇佐美貴史

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る