FOLLOW US

Jリーグの村井チェアマンも氷水をかぶる…サプライズで宮本恒靖氏を指名も

チャリティー活動「アイス・バケツ・チャレンジ」に参加し、氷水をかぶる村井チェアマン

 難病であるALS(筋萎縮性側索硬化症)を支援するため、SNSで全世界へ広がりを見せる「アイス・バケツ・チャレンジ」に、Jリーグの村井満チェアマンが参加した。

 同運動は、知人などから指名された人物がALS支援の寄付を行うか、24時間以内に氷水をかぶって次の人物を3人指名する動画をSNSで公開するというチャリティー活動。著名人が多数参加し、氷水をかぶった上で寄付をすることも選択肢としてあるため、すでに多額の寄付が集まっているとの報道もされている。

 村井チェアマンは、古くからの知人からの指名を受け、個人的な活動として動画をYouTube(https://www.youtube.com/watch?v=3YT4YZXbrag)にアップ。JFAハウスでバケツいっぱいに入った氷水を自らの手で頭からかぶった。村井チェアマンは次の参加者の一人として、この日Jリーグ理事会に出席し、偶然撮影現場に居合わせた宮本恒靖Jリーグ特任理事を指名。宮本氏は戸惑いながらも指名を受諾。本日のチェアマンの映像公開より24時間以内に公開される宮本氏の映像も注目される。

 この運動にはサッカー界でも広がりを見せており、バルセロナのブラジル代表FWネイマールが氷水をかぶると、ブラジル・ワールドカップで試合中のチャージにより、腰椎を骨折させられたコロンビア代表DFフアン・スニガを指名。スニガも早速応じたことが話題になっていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA