2014.08.19

7月の月間MVPを発表…J1は完封記録の浦和GK西川、J2は無敗の岡山MF上田

西川周作
J1リーグ戦7試合無失点の偉業を成し遂げた浦和GK西川周作[写真]=Getty Images

 Jリーグは19日、7月の「コカ・コーラ Jリーグ 月間MVP」受賞選手を発表した。

 7月の月間MVPは、J1は浦和レッズのGK西川周作、J2はファジアーノ岡山のMF上田康太に決定した。なお、西川は今回の受賞で、J1史上初の2度目の受賞となった。
 
 西川は、7月に開催された全3試合に出場し、J1リーグ戦記録更新となる7試合連続無失点に貢献。セーブ率は93.3%と高い数字を誇り、特に第15節の新潟戦、第16節の徳島戦において、相手との1対1をセーブするなど、「ピンチを確実に防ぐ集中力を維持する姿勢」が評価された。また、パスを受ける回数でも、GK内で各月トップの数字を記録しており、「パス回しに参加しながらチームのバランスを整えるコーチング能力にも長けている」と総評されている。

 3月下旬に大宮アルディージャから岡山に期限付き移籍加入をした上田は、チームのペースメーカーとしてのプレーぶりが評価されての選出となった。「上田の活躍と共にチームは第9節から16戦無敗で、19位から4位に躍進した」と総評されている。また、第23節栃木SC戦で追加点をアシストしたコーナーキックなど、プレースキッカーとしての貢献度も高く評価されており、「チームのさらなる上位進出に期待を持たせる活躍」との評価も得た。

 同賞は、各月のリーグ戦(J1、J2)において最も活躍した選手が表彰されるもので、サッカー専門メディアとJリーグからなる選考委員会によって選考。受賞した選手には、J1が30万円、J2が20万円の賞金が贈られる。発表は当該月の翌月に行われる。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る