2014.08.15

【J1第20節予想スタメン 徳島vs横浜FM】阿波踊りに参加した徳島、新加入選手の期待も高くホーム初白星なるか

新加入選手の活躍が期待される徳島ヴォルティス [写真]=Getty Images

■徳島ヴォルティス 阿波踊りで沸く地元、地域の期待に答えられるか

 前節の清水戦は0-1で惜敗。勝ち点1を最低でも持ち帰りたかっただけに残念な結果となった。しかし、新加入のアドリアーノとエステバンが移籍後初出場を果たしたという収穫もある。途中出場ながらアドリアーノは個人技で突破する場面やゴールへの高い意識を見せ、エステバンはそつのないプレーでバランスを取りながら、後方からチームをサポートした。今節の横浜FM戦でも出場の可能性は高いだろう。加えて、今節は期限付き移籍の条件で清水戦に出場できなかった村松大輔も戻ってくる。リーグ戦再開後、効果的な役割を果たしているだけに期待したいところだ。横浜FMには前半戦で0-3と大敗を喫しているが、第3節とは異なる戦いを見せてくれることは間違いない。

 しかしながら、2週続けて台風の影響で練習試合が中止となり、思惑通りにことが運んでいないという側面もある。特に新加入のアドリアーノとエステバンに関しては、実戦形式での出場時間が十分とは言えないだけに、確認、修正しておきたいことは多かっただろう。

 とはいえ、今週は地元の力もチームを後押しする。阿波踊りの開催により徳島県全体が熱狂の渦に包まれており、チームも8月12日には『徳島ヴォルティス連』として阿波踊りに参加した。良いリフレッシュとなり、地域からの期待に刺激も受けたはずだ。祭りの勢いそのままに、ホーム初勝利を目指す。(totoONE編集部)

■徳島予想スタメン
3-4-2-1
GK
31 長谷川徹
DF
35 村松大輔
2 福元洋平
4 藤原広太朗
MF
20 大崎淳矢
16 斉藤大介
33 エステバン
3 アレックス
14 濱田武
17 衛藤裕
FW
13 高崎寛之

■横浜F・マリノス 新加入FWラフィーニャの調子は上向き、懸念はセットプレーからの失点

 ここ5試合で4分1敗の横浜FMにとって、最下位に沈む徳島との対戦で浮上のきっかけを是が非でもつかみたいところ。初対戦となった3月15日の第3節では3-0と快勝しているだけに、樋口靖洋監督も「前回以上に圧倒したい。より崩す形ができていることを証明したい」と鼻息を荒くする。

 前節の柏戦では中断期間中に加入したFWラフィーニャが初得点をマーク。巧みなボールさばきに加え、ポストプレーを柔軟にこなすなど、ようやく柱となる1トップにめどが付いた。体力面を心配していた本人もフル出場を果たし、心身ともに調子は上向いている。

 出場停止明けの小林祐三と小椋祥平は先発復帰が濃厚。徳島が得意とするカウンターに持ち込ませないためにも、2人のボール奪取は欠かせない。指揮官も「1週間空いてフレッシュな状態。球際に強いし、(勝敗の鍵を握る)セカンドボールを回収できる」と信頼を置く。

 懸念はセットプレーからの失点だ。3試合連続で失点を喫し、白星につながらない要因となっている。「セットプレーになると『またやられるんじゃないか』という雰囲気になる」。複数の選手がそう危機感を抱くように、長所である堅守への自信が揺らいでいる。

 前節に右ひざを負傷して途中で退いた中村俊輔、左ふくらはぎに違和感を抱える齋藤学は、週初めの練習では部分合流にとどまるなど、万全の体調とは言い難い。徳島までの移動を含め、回復状況が不安視される。(totoONE編集部)

■横浜FM予想スタメン
4-2-3-1
GK
1 榎本哲也
DF
13 小林祐三
4 栗原勇蔵
22 中澤佑二
23 下平匠
MF
8 中町公祐
6 小椋祥平
7 兵藤慎剛
10 中村俊輔
11 齋藤学
FW
18 ラフィーニャ

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る