2014.08.15

【J1第20節予想スタメン 鹿島vs甲府】持ち前の勝負強さで首位に肉薄する鹿島、勝敗のカギを握るのは若手ディフェンス陣

鹿島は前節、試合終盤の2得点で劇的勝利を収めた [写真]=Getty Images

■鹿島アントラーズ リーグ戦再開後負けなしで首位に肉薄、甲府撃破で3連勝を狙う

 前節の名古屋戦は終了間際に逆転弾を奪い、2連勝でホームに戻って来た。これでリーグ戦再開後の5試合を2勝3分と、まずまずの成績を残していると言える。順位こそ4位と変わらないが、9まで開いていた首位との勝ち点差も、いつの間にか4まで縮まっている。

 前節は、常に先手を奪われる苦しい戦いながら、終始運動量は落ちることなく、82分と90分に得点を挙げて相手を突き放すことができた。先制点を奪って逃げ切るだけでなく、逆転勝ちできるだけの底力がついてきたことを示した勝利と言えるだろう。

 中村充孝、カイオ、土居聖真に加えて、中盤の底から柴崎岳や小笠原満男が参加する攻撃は流動的に変化する。往年の、“中盤のポジションがあってないような攻撃”にはまだ到達していないが、変化に富んだ攻撃を仕掛けながら守備のバランスを保てるようになってきた。

 ただし、相変わらず失点は止まらず、5試合連続で相手にゴールを許す展開が続いている。また、これまでは積極的に攻撃を仕掛けてくる相手が多かったが、甲府は自陣で守備を固めてカウンターを狙ってくることも予想される。手薄になった守備ラインで若いCB陣が防波堤になれるかどうかで、試合展開は大きく変わるだろう。特に、Uー21日本代表候補合宿に参加していた植田直通(他に伊東幸敏、豊川雄太も参加)は、14日にチームに合流しただけに、疲労の残り具合も懸念材料の一つだ。(田中滋)

■鹿島予想スタメン
4-2-3-1
GK
曽ヶ端準
DF
西大伍
植田直通
昌子源
山本脩斗
MF
柴崎岳
小笠原満男
カイオ
土居聖真
中村充孝
FW
ダヴィ

■ヴァンフォーレ甲府 4戦連続ドローと勝ちきれない試合が続く甲府、課題克服で勝利を狙う

 甲府は第16節のC大阪戦から、前節の仙台戦まで4試合連続ドロー。「勝ち点が『12』の可能性だってあった」と城福浩監督が語るように、いずれの試合でも悪くないパフォーマンスを見せながら、勝ちきることができなかった。その背景にあるのは、今季ここまで1試合平均10本以上のシュートを放ちながら、19試合で14得点という決定率の低さだ。特にクリスティアーノはリーグトップ3に入る本数のシュートを放ちながら、ここまで4ゴールしか挙げられていない。

 ボールをゴール前まで運ぶという過程は決して悪くないが、肝心のフィニッシュに難点がある。それが甲府の現状だ。選手のクオリティという根本的な問題はあるにせよ、「正面からフィニッシュの質を上げる」ということが、チームが今取り組んでいるテーマだ。

 負傷者の増加という試練もある。マルキーニョス・パラナが第18節徳島戦で傷み、仙台戦では阿部拓馬が負傷。攻守の主力を欠いて、鹿島戦を迎えることになる。

 被シュート数がリーグ最少、失点数の少なさは同5位という通算成績が証明しているように、守備力の堅さはポジティブな要素。しかし、堅守の副作用として「全員が高いテンションで守れているからこそ、そのテンションのままの攻撃になってしまっている」(城福監督)という、ゴール前の“焦り”が生まれていると指揮官は分析する。今週の甲府はその課題を解消する意識付け、トレーニングに取り組んだ。それが奏功するかどうかで、鹿島戦の結果は大きく変わるだろう。(大島和人)

■甲府予想スタメン
3-4-2-1
GK
荻晃太
DF
青山直晃
山本英臣
佐々木翔
MF
松橋優
保坂一成
新井涼平
阿部翔平
石原克哉
ジウシーニョ
FW
クリスティアーノ

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
町田
61pt
松本
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る