2014.08.15

【J1第20節予想スタメン 仙台vs清水】新体制初白星を挙げた清水、今季2度目のリーグ戦連勝を狙う…仙台は新戦力の活躍がカギ

前節の徳島戦で新体制初勝利を挙げた清水 [写真]=Getty Images

■ベガルタ仙台 野沢ら実力者が加入、主力選手の穴を埋められるか

 リーグ戦再開後は4分1敗と白星が遠く、何としても勝利が欲しい状況にある仙台。ホームに清水を迎える今節は、勝ち点3獲得が義務と言える。順位が近い相手なだけに、確実に倒しておきたい。焦ってミスを招く状況は避けたいところで、「勝利を目指すことは当然ですが、今の状態を悲観することなく戦う事が大事」という渡邉晋監督の心理面におけるチームマネジメントは注目ポイントの一つだ。

 清水とは今季、ナビスコ杯とJ1第9節で対戦したが、いずれも無得点で敗戦。仙台にとっては得点力が問われるところだが、ウイルソンが前々節、赤嶺真吾が前節に負傷した影響で、清水戦に間に合わない可能性が高い。攻撃の再編成を迫られていることも不安材料だ。

 しかしこの状況は、今夏に獲得した野沢拓也やハモン・ロペスといった攻撃的ポジションの選手にとって、腕の見せ所が来たとも言える。前節に途中出場した2選手は、今節でもそれぞれの攻撃センスを生かすことが期待される。特に野沢は鹿島時代のチームメートである柳沢敦との連係が抜群で、スピードのある武藤雄樹や太田吉彰を動かすパスを出すこともできる。中盤でもFWでも活躍が期待される存在だ。

 そしてこの一戦を前に、2000年代前半に仙台で活躍したマルコスとシルビーニョの両氏がチームを激励。現役時代に清水に勝利した経験を持つ彼らから「心強いエールをもらった」(渡邉監督)ことが、勝利につながることを期待したい。(板垣晴朗)

■仙台予想スタメン
4-4-2
GK
関憲太郎
DF
菅井直樹
渡辺広大
鎌田次郎
石川直樹
MF
太田吉彰
富田晋伍
角田誠
梁勇基
FW
野沢拓也
武藤雄樹

■清水エスパルス ディフェンス陣に不安も、好相性の仙台戦で今季2度目の連勝を狙う

 前節は左サイドにイ・キジェを起用し、左の吉田豊を右に。また、GKを櫛引政敏に変えるなど、大榎克己監督にとって初めて先発を変更して挑んだ。特にイ・キジェは直前までDCユナイテッド(アメリカ)のテストを受けており、構想外となっていたが、新体制ではチームに復帰。今季初先発で、正確な左足はそのままに、アグレッシブさを前面に出してチームに貢献した。

 徐々に大榎監督のチームが組み上がる中、今週には瀬沼優司の復帰が発表された。12年には、特別指定選手ながら、仙台戦でリーグ初出場初得点を記録しているラッキーボーイに、大榎監督は「ベンチ入りの可能性もある」と話し、期待を持たせた。

 ただ、全てがうまくいっている訳ではない。徳島戦では圧倒的な試合運びを見せながら1得点に終わるなど、決定的なチャンスを多く作るまでには至っていない。また、守備ではディフェンスの要である杉山浩太が右足内転筋を痛め、12日の練習を休んでいる。翌日13日には合流したものの、カルフィン・ヨン・ア・ピンは復帰までまだ時間が掛かる模様で、最悪の事態が起こる可能性もある。

 リーグ戦での連勝は4月に4連勝を記録したのみで、勝利後に迎える試合は重要なものになる。だが、これまで仙台が2010年に昇格してからリーグ戦では1度も負けておらず、現在は5連勝中と圧倒的に相性が良い。不安を乗り越え、今季2度目の連勝を成し遂げたいところだ。(田中芳樹)

■清水予想スタメン
4-2-3-1
GK
櫛引政敏
DF
吉田豊
平岡康裕
杉山浩太
イ・キジェ
MF
本田拓也
六平光成
大前元紀
河井陽介
高木俊幸
FW
ノヴァコヴィッチ

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る