2014.08.15

【J1第20節予想スタメン G大阪vs名古屋】攻守ともに絶好調のG大阪、リーグ戦6連勝なるか…名古屋は川又の出場に注目

攻守ともに安定したパフォーマンスを披露し、リーグ戦5連勝と好調のG大阪 [写真]=Getty Images

■ガンバ大阪 攻守ともに好調を持続、6連勝で上位との差を詰められるか

 実に6年ぶりとなるリーグ戦5連勝を飾り、首位浦和と勝ち点7差の5位につけているG大阪。「攻守でチームが機能している」と遠藤保仁が自信を見せるように、5連勝中の戦いは盤石に近い恰好だ。総得点も15得点とハイペースでゴールを重ねているが、失点も5試合でわずかに1と安定した守備を披露している。

 その堅守を支えるのは、絶好調の守護神東口順昭である。前節も大宮に何度か決定機を創られたが、東口がシュートをしっかりとブロック。そして、パトリックの加入以降、新たな武器となっているセットプレーから今野泰幸が先制点をマークするなど、手堅い戦いに不安はない。

 ただ、死角がないように見えるチームにとっての数少ない不安は、攻守のキーマンでもある阿部浩之が今週、疲労などから別メニュー調整であったこと。名古屋戦での先発出場は濃厚だが、守備面でも欠かせない阿部の回復具合は懸念材料の一つである。

 5試合で与えた失点はPKによる1点のみと堅い守りを披露しているものの、前節もムルジャに抜け出されるなど速さのあるFWへの対峙には課題を残す。高いラインを保つG大阪だけに、今節も永井謙佑ら快足が持ち味のFWには手こずりそうだ。

 そしてここ3試合はセットプレーから得点を重ねているが、今節は長谷川健太監督が警戒心を隠さない田中マルクス闘莉王とケネディの高さをいかに封じるかもポイントになるだろう。特にG大阪戦で燃える闘莉王には注意が必要だ。(totoONE編集部)

■G大阪予想スタメン
4-4-2
GK
東口順昭
DF
米倉恒貴
西野貴治
岩下敬輔
オ・ジェソク
MF
阿部浩之
遠藤保仁
今野泰幸
倉田秋
FW
パトリック
宇佐美貴史

■名古屋グランパス 川又の獲得は大きな戦力アップ、結果でチームの期待の応えられるか

 鹿島戦の敗戦で、降格圏内の16位に転落してしまった。練習ではどんよりとしたムードは見られなかったが、どうしてもネガティブになりがちな状況。下を向いたまま試合に入ることだけは避けたいところだ。

 最大の課題は攻撃面だろう。失点の止まらない守備ももちろんだが、チャンスの数を増やすことには成功しているだけに、それを生かしきれていない「決定力不足」のほうが目に止まる。鹿島戦では2度のリードを奪ったように進歩も見せているが、2点差、3点差とリードを広げられなかった。結果が出ていないことも相まって、1点差を守り抜こうという受け身につながり、劣勢に、失点につながってしまった。

 そこでクラブは、新潟から川又堅碁を獲得した。得点への飽くなき欲をギラつかせる彼は、これまでのチームにいなかったタイプ。昨季23ゴールをマークし、ブレイクを果たす原動力となったゴールへの泥臭さと貪欲さこそ、彼を獲得した理由だ。新潟では練習も積んでおり、コンディションは上々。14日にはチームに合流し、この一戦から出場可能となる。起用は指揮官次第だが、いずれにしても期待されるのは、本人も語るとおり「ゴール」だ。

 前回対戦では完敗だった。スタイルの完成度や組織力などでは劣るかもしれない。ただ、鹿島戦でけがから復帰したケネディが予想以上の活躍を見せるなど、リーグ屈指のポテンシャルを持つ攻撃のカードは充実する。古巣戦となる西野朗監督にとっても、腕の見せどころだろう。(totoONE編集部)

■名古屋予想スタメン
4-4-2
GK
楢崎正剛
DF
矢野貴章
牟田雄祐
田中マルクス闘莉王
本多勇喜
MF
小川佳純
田口泰士
ダニルソン
レアンドロ・ドミンゲス
FW
ケネディ
永井謙佑

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る