2014.08.15

【J1第20節予想スタメン 浦和vs広島】3戦勝ち星なしと停滞気味の浦和、好相性を誇る広島戦で悪い流れを断ち切れるか

広島戦2試合連続ゴール中と好相性を誇る興梠 [写真]=Getty Images

■浦和レッズ 3試合連続失点と守備に不安、広島戦で悪い流れを断ち切れるか

 7試合連続無失点のJ1新記録を築いた浦和だったが、第17節の鹿島戦でついに記録が途絶えると、続く神戸戦では2失点。そして前節の川崎戦でも2ゴールを許し、これで3試合連続失点とこれまでとは真逆に針が振れてしまっている。

 また、無失点記録が止まるとともにリーグ戦の連勝もストップ。鹿島、神戸に引き分けると、川崎には公式戦実に14試合ぶりとなる黒星を喫した。失点を許して以降の3試合は勝ち星から見放されており、今の浦和は嫌な流れに飲み込まれつつある。このままズルズルと尾を引いてしまっては、リーグタイトル獲得の道のりにも暗雲が立ち込めてしまう。

 広島との相性は悪くない。ペトロヴィッチ新体制になってすぐに激突した2012年の開幕戦こそ敗れたが、そこから現在までナビスコ杯を含めて5連勝中。広島対策がうまく機能し、ミシャサッカーの兄貴分を退けてきた。

 その広島を迎え撃つ上で、エース・興梠慎三の存在は心強い。興梠はここ5試合で3得点と結果を残しているが、対広島戦でも2試合連続、計3ゴールと調子が良い。ここでさらなる活躍を見せれば、“サンフレッチェキラー”として相手に嫌なイメージを植え付けられるはずだ。(神谷正明)

■浦和予想スタメン
3-4-2-1
GK
西川周作
DF
森脇良太
永田充
槙野智章
MF
平川忠亮
鈴木啓太
阿部勇樹
宇賀神友弥
柏木陽介
梅崎司
FW
興梠慎三

■サンフレッチェ広島 主軸離脱は不安材料も若手の台頭はプラス要素

 鳥栖戦で7試合ぶりの完封を記録し、広島は失点の連鎖に一応の歯止めをかけた。その中でも収穫は、宮原和也が45分間という時間ながら安定したプレーを披露して完封勝利への道筋をつけたこと。4試合連続で途中出場から得点に絡んでいる皆川佑介や、素晴らしいシュートストップで自身初のリーグ戦完封勝利を記録したGK増田卓也らとともに、若者が着実に成長してチームの危機を救っていることは、クラブの未来にとってもポジティブな要素だ。後半には広島らしいコンビネーションの復活も垣間見え、チーム状態はゆるやかな回復基調に入ったといっていい。

 ただ、佐藤寿人や林卓人、青山敏弘、ファン・ソッコら主力の復帰は今節もない。佐藤と林については全体練習に合流しており、次節にも復帰の可能性があるが、青山とファンについてはもうしばらく時間がかかりそう。「家貧しくて孝子顕る」のことわざどおり、主力の離脱が若者の台頭を呼んでいる側面もあるが、やはり経験豊富な選手が揃ってこないと安定した戦いを見せるのは難しい。

 こういう苦境の中で対戦する浦和は、苦手中の苦手。現在、公式戦5連敗を喫している。埼玉スタジアムではこの2年間で3敗、1得点8失点(カップ戦含む)、通算戦績でも1勝1分7敗と圧倒的に分が悪い。古巣広島相手となると特別な戦術を準備してくる浦和のペトロヴィッチ監督の壁を乗り越えるためには、厳しい現実を見つめ、挑戦者精神旺盛に戦うしかない。(totoONE編集部)

■広島予想スタメン
3-4-2-1
GK
増田卓也
DF
宮原和也
千葉和彦
水本裕貴
MF
清水航平
柴崎晃誠
森崎和幸
柏好文
森崎浩司
高萩洋次郎
FW
石原直樹

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る