2014.08.08

【J1第19節予想スタメン 横浜FMvs柏】スルガ銀行杯でタイトル獲得の柏、苦手とする敵地&コンディションの影響がどう出るか

6日、スルガ銀行チャンピオンシップでタイトルを獲得した柏 [写真]=Getty Images

■横浜F・マリノス 相性の良くない柏戦、新加入FWラフィーニャに期待

 リーグ再開明け、初めてのホーム日産スタジアムで悪い流れを止められるか。

 5試合ぶりの白星を狙う横浜FMは苦手とする柏を迎え撃つ。昨年10月のヤマザキナビスコ・カップ準決勝第2戦では2-0の勝利を挙げたが、リーグ戦は2009年から5分4敗と苦戦が続く。柏は6日に行われたスルガ銀行チャンピオンシップに出場したばかりで、体調面では大きなアドバンテージを持つ。

 前節G大阪戦が消化不良に終わり、樋口監督は「3つ引き分けが続いて、心理的に守りに入った。もう一度、戦いを思いだそう」と訴えるなど、真正面からぶつかる構えだ。また2試合連続でセットプレーから失点を重ねており、7日の練習では入念に確認。これ以上、負けられないという危機感がピッチに漂っている。

 今節は中断期に獲得したFWラフィーニャのワントップが有力。2トップの一角として力を発揮してきたストライカーは未知数だが、勝ちきれない試合が続く指揮官は賭けに出そうだ。また、DF小林祐三、MF小椋祥平が警告の累積で出場停止となる。右DFには奈良輪雄太、ボランチは三門雄大の起用が濃厚。選手の入れ替えによる連係面で不安を残した。

 さらに、MF齋藤学が左ふくらはぎ痛の影響で紅白戦の1本目を回避するなど、体調面が気になるところ。本人は「サポーターに勝っている姿を見せないといけない」とやる気十分。当日の状態次第では、先発起用もありそうだ。(totoONE編集部)

■横浜FM予想スタメン
4-2-3-1
GK
1 榎本哲也
DF
24 奈良輪雄太
4 栗原勇蔵
22 中澤佑二
23 下平匠
MF
8 中町公祐
26 三門雄大
7 兵藤慎剛
10 中村俊輔
25 藤本淳吾
FW
18 ラフィーニャ

■柏レイソル スルガ銀から中2日での戦い、コンディション面が懸念か

 中断明け以降、未勝利が続いていたが、前節の川崎戦では藤田優人、栗澤僚一、秋野央樹ら、抜擢したメンバーが攻守に素晴らしいプレーを披露した。川崎を4-1で下す快勝で、ようやく中断明け初勝利を挙げている。また、同じメンバーで臨んだ6日のスルガ銀行チャンピオンシップでは、南米王者のラヌースに苦戦を強いられたものの、土壇場の勝ち越し弾で国際タイトルを獲得した。一時の停滞感から脱し、ネルシーニョ監督も「柏らしいフットボールができた」とチーム状態の上向きを喜んだ。

 柏が「らしさ」を取り戻した要因は、メンバー変更におけるテコ入れと同時に、これまでなかなか機能しなかった新システムから、従来の3-4-2-1に戻したことで、攻守に安定感が蘇った点も大きい。

 しかし、今季の柏はホームでは強さを発揮しても、アウェイでは4連敗中と、敵地では結果を出せていない。さらに、スルガ銀行チャンピオンシップ優勝で勢いに乗る一方、今節のJ1は中2日とタイトな日程で迎える。この夏場の連戦が、選手のコンディションにどう影響するかが気になる。

 前節の川崎戦ではサイド攻撃が機能し、両翼からアグレッシブな攻撃を展開したが、ラヌース戦ではサイドを封じられ、全体的に攻撃の迫力が損なわれた感があった。柏はサイド攻撃を生命線とするだけに、それを封じられた時にはどう攻めるのか。レアンドロ、工藤壮人、高山薫、この前線3枚の連携で崩すような新たな攻撃の形も見出したい。(鈴木潤)

■柏予想スタメン
3-4-2-1
GK
21 菅野孝憲
DF
4 鈴木大輔
5 増嶋竜也
17 秋野央樹
MF
2 藤田優人
28 栗澤僚一
7 大谷秀和
22 橋本和
9 工藤壮人
13 高山薫
FW
11 レアンドロ

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る