2014.08.08

【J1第19節予想スタメン 川崎vs浦和】今節屈指の注目のカード、浦和の興梠は4試合連続ゴールなるか?!

3試合連続ゴールを決めている浦和の興梠(左) [写真]=清原茂樹

■川崎フロンターレ 過去の浦和戦で大勝したシステムを採用か

 「夏を制する者が受験を制す」という。真夏の天王山とも言える2位・浦和との直接対決だが、前節で突きつけられた「夏の宿題」に取り掛かる一戦となる。

 大敗を喫した柏戦では、両ワイドを広く使って攻めて来る[3-4-2-1]の対処に苦戦。守備の時間帯が長くなると、選手間の距離が分断されてバランスを崩す問題点が出てしまった。奇しくも、浦和は柏が採用しているシステムの本家とも言える存在だ。前節の宿題の回答を示すには、もってこいの相手とも言える。

 この問いに対して、風間監督は過去の浦和戦で大勝をおさめている[3-4-2-1]を採用する見込みだ。今週の紅白戦では、従来の4バックに加えて3バックの布陣を導入。3バックの一角には小宮山尊信や稲本潤一を入れたメンバーをそれぞれ試している。ミラーゲームでズレを無くして守備の安定感を取り戻すことを目指すが、「大事なのは、うまくボールを運ぶこと。システムでやるわけじゃないし、それで何かに捉われてしまわないように」と風間監督。重要なのは、あくまでボールを握る自分たちのスタイルを貫くことにある。

 その意味で、ここ3試合、得点が湿りがちなFW陣は奮起を促したいところ。体調不良もあり練習を欠場していた大久保嘉人は紅白戦に復帰。今節はレナトも先発復帰が濃厚し、小林悠も加えた1トップ2シャドーで、鉄壁を築く浦和守備陣をこじ開けることができるか。昨年の等々力で見せた、真夏の完勝劇の再現を目指す。(いしかわごう)

■川崎予想スタメン
3-4-2-1
GK
1 杉山力裕
DF
2 實藤友紀
15 谷口彰悟
8 小宮山尊信
MF
19 森谷賢太郎
16 大島僚太
14 中村憲剛
23 登里享平
11 小林悠
10 レナト
FW
13 大久保嘉人

■浦和レッズ 興梠が3試合連続ゴールと好調、青空ミーティングも実施

 公式戦13試合負けなしとという結果だけを見れば好調に見える浦和だが、最近は2引き分けと足踏みを強いられている。特に前節の神戸戦は後半アディショナルタイムの那須大亮の劇的同点弾に救われた格好で負けていても不思議ではなく、一部サポーターからブーイングも聞こえたほどだ。「引き分けに関してはプラスに捉えていいかもしれないけど、修正するところはいっぱいある」とは興梠慎三の弁だ。神戸戦では軽率なミスから失点を喫したが、川崎相手に同じようなプレーをしていたら間違いなく痛い目を見る。

 ただ、その興梠が3試合連続ゴールと調子を上げてきているのは朗報だ。前線でタメを作れる興梠はゴールの有無にかかわらず必要不可欠な存在だが、“決める仕事”も安定して見せてくれるならこれほど頼もしいことはない。

 前回の対戦では、確かな技術とビジョンを持つ中村憲剛、大島僚太にゲームを作られ、特に後半は2人を軸にしたパスワークで主導権を握られた。パスの出どころとなる2人を消すことは勝利のための重要な条件になるだろう。また、昨年の対戦ではナビスコカップを含めて3試合でゴールを決められた大久保嘉人を止められるかどうかも勝敗を左右するポイントになりそうだ。

 今週の練習では長い時間、青空ミーティングを行ってやるべきことを再確認。最大の好敵手と選手たちも認識する川崎を凌駕するパフォーマンスを見せられるか。ともにリスクを恐れずに戦う両者の激突はリーグ最高の好カードと言っていいだろう。(神谷正明)

■浦和予想スタメン
3-4-2-1
GK
21 西川周作
46 森脇良太
4 那須大亮
MF
5 槙野智章
14 平川忠亮
13 鈴木啓太
22 阿部勇樹
3 宇賀神友弥
8 柏木陽介
7 梅崎司
FW
30 興梠慎三

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る