2014.08.08

【J1第19節予想スタメン 甲府vs仙台】13位仙台と14位甲府の直接対決、甲府は攻撃陣の飛躍に期待

今季リーグ戦4得点を挙げているクリスティアーノ [写真]=清原茂樹

■ヴァンフォーレ甲府 マルキーニョス・パラナの負傷欠場が濃厚、攻撃陣の活躍に期待

 城福浩監督は前節・徳島戦について「勝ち点1に終わったことは受け入れがたい」と悔いる。水浸しのピッチで「サッカーにならなかった」(城福監督)という事情はあったが、残留争いを戦う甲府にとって、最下位相手のこの結果は重く受け止めざるを得ない。

 攻撃を見ると第18節までの総得点「15」はJ1でも下から2番目。特に先に失点を喫し、相手が引いたときに崩せない悪癖を解消できていない。今節はリーグ戦全試合に先発しているマルキーニョス・パラナの負傷欠場が濃厚で、中盤の構成力も不安要素だ。

 一方で徳島戦では、後半戦から合流したFW阿部拓馬が90分間のフル出場を果たし、見事な突破からアシストも記録している。「試合をやりながら上がっていくタイプ」(阿部拓)という彼が、実戦を通してコンディションを上げ、徐々に出場時間を増やしていることは明るい材料だ。エース・クリスティアーノも、前線から引いてこない“我慢の位置取り”を身に着けつつあり、エネルギーをゴール前に残すことで2試合連続のゴールを決めている。

 阿部、クリスティアーノはいずれも“守備ブロックの中”でボールを受けられる選手。甲府は彼らのプレーにより、ボランチから縦に入るボールが増え、相手にとって怖さのあるパスワークを実現できそうだ。切り替えと飛び出しに強みを持つ石原克哉も含めた1トップ2シャドーは、甲府の攻撃に活気をもたらすだろう。(大島和人)

■甲府予想スタメン
3-4-2-1
GK
1 荻晃太
DF
26 青山直晃
4 山本英臣
6 佐々木翔
MF
11 ジウシーニョ
30 保坂一成
8 新井涼平
27 阿部翔平
7 石原克哉
9 阿部拓馬
FW
10 クリスティアーノ

■ベガルタ仙台 複数失点を喫している守備面を立て直せるかがカギ

 リーグ戦再開後は4試合勝利がない仙台。厳しい敵地でも勝ち点3を獲得し、閉塞感を打ち破りたいところだ。

 まず立て直すべきは3試合連続で複数失点を喫している守備面だ。暑く心身の消耗が激しい甲府の地であっても、集中した守備を見せたいところ。そして当然、ただ守っていればいいということではない。前にボールを運んだときに厚みを欠いている攻撃面の課題も修正が必要だ。この攻撃面における懸念材料が、ウイルソンの負傷だ。前節・大宮戦の終盤に右膝のあたりを痛めていたウイルソンは、大事をとってこの試合を欠場する可能性が高い。そうなると、守備の堅い甲府を崩すには今まで以上に工夫が必要となるだろう。

 渡邉晋監督は守備組織の立て直しから着手し、紅白戦に至るまでの流れで攻撃面での課題解決にも取り組んだ。バランスを修正し、「もともと持っていた守備の良さであったり、ボールを取った後の速さだったりを取り戻せば、大崩れしない」と手ごたえを得た。気になる攻撃陣のやりくりについては、この一ヶ月に獲得したハモン・ロペス、村上和弘、野沢拓也が練習でいい刺激を与えており、彼らの出場も期待されている。既に選手登録が済んだ村上が出場可能になり、ハモン・ロペスと野沢も今節までにクラブは登録を済ませる予定だ。

 そして甲府は、渡邉監督が現役時代にプレーをしていたクラブのひとつ。監督就任後初めて乗りこむ甲府で、指揮官が見せる采配にも注目だ。(板垣晴朗)

■仙台予想スタメン
4-4-2
GK
21 関憲太郎
DF
25 菅井直樹
3 渡辺広大
2 鎌田次郎
5 石川直樹
MF
11 太田吉彰
17 富田晋伍
6 角田誠
10 梁勇基
FW
24 赤嶺真吾
13 柳沢敦

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
25pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
20pt
ライプツィヒ
19pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
バレンシア
21pt
レアル・マドリード
20pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
25pt
インテル
23pt
ユヴェントス
22pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
62pt
横浜FM
55pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
80pt
福岡
68pt
長崎
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
55pt
沼津
50pt
秋田
49pt
Jリーグ順位をもっと見る