2014.08.08

【J1第19節予想スタメン 清水vs徳島】監督交代後初白星を狙う清水、ホーム通算200勝なるか

就任2戦目となる大榎監督(左)[写真]=Getty Images

■清水エスパルス チームは自信を取り戻しつつある。ホーム通算200勝なるか

 前節FC東京戦は無惨にもサイドを破られるなど、不安がそのまま的中した形になった。3日という短い期間での調整はさすがに難しいところがあったようだ。それは、今週も同じ。やはり一朝一夕には行かず、「少しずつ良くなっている」(大榎克己監督)ものの、「まだまだ」(同監督)という評価のようだ。また、チーム成績を見ても、中断明けは1勝3敗。徳島は1勝2分1敗と、チームの流れは相手に分がある。さらに、徳島のアドリアーノという秘密兵器が清水を相手にベールを脱ぐかもしれない。

 ただ、前回対戦では4-0と圧勝。2得点を挙げたノヴァコヴィッチは、「前より強くなっている」と警戒をしつつも「この試合は勝ち点6に値する試合だ」と気合が入っている。前節は攻守に動けており、巷に言われる「夏に弱い」というイメージも払拭しつつある。今週は攻撃面も、少しではあるが着手することができ、高木俊幸は「先週の練習よりも、流動性のある動きが出来ていて、相手に脅威を与えられると思う」と自信を取り戻してきている。

 今節に向けて大榎監督は「メンバーを代えるかもしれない」と示唆した。監督となって初めて新しい組み合わせが見られることになる。今節は、前節の試合前とは違い、非公開練習を2日間取って集中して弱点の克服に取り組んでいることにも期待したい。

 清水は現在ホーム通算199勝。大榎監督の初勝利で、清水の歴史に名前を残す。(田中芳樹)

■清水予想スタメン
4-2-3-1
GK
21 相澤貴志
DF
28 吉田豊
3 平岡康裕
6 杉山浩太
2 イ キジェ
MF
7 本田拓也
16 六平光成
10 大前元紀
17 河井陽介
11 高木俊幸
FW
18 ノヴァコヴィッチ

■徳島ヴォルティス 前回0-4と大敗するも、好調を維持して白星を狙う

 前節の甲府戦は2-2で引き分け。勝利こそ逃したものの2試合連続で先制点・複数得点を挙げる活躍をみせた。この2試合で挙げた得点は『5』。高崎寛之が3得点、衛藤裕が2得点、更に佐々木一輝がアシストを含む2得点に絡む活躍で、前線の3人でしっかり得点を挙げている。中断期間前のリーグ戦では得点・失点共に苦しんだ徳島だが、リーグ戦再開後は得点も挙げた上で1勝2分1敗と好調だ。

 しかし、ここ2試合は立ち上がりで課題も残している。失点こそ免れたが、試合開始直後に2試合連続でゴールポストに救われた。運も味方してくれていると言いたいところだが、幸運が続いている間に立ち上がりについては早々の修正が必要だ。更に、今節はDFの村松大輔が清水との期限付き移籍の契約条件で出場できない。村松の活躍がチームの好調を支えていた要因の1つだっただけに、選手起用については悩み所だろう。しかしながら、村松・エステバン・アドリアーノの加入により、ポジション争いは激化し、チームの士気も高まっているはずだ。出場機会を得た選手は、いつも以上のパフォーマンスを発揮することも予想される。

 前半戦の第8節では0-4と大敗を喫しているが、リーグ戦再開後の徳島はまったく異なるチームへと変貌を遂げた。清水が徳島に対して前半戦と同じイメージで挑むのであれば、付け入る隙は大いに生まれるだろう。(totoONE編集部)

■徳島予想スタメン
3-4-2-1
GK
31 長谷川徹
DF
8 青山隼
2 福元洋平
4 藤原広太朗
MF
20 大崎淳矢
16 斉藤大介
14 濱田武
3 アレックス
25 佐々木一輝
17 衛藤裕
FW
13 高崎寛之

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
64pt
川崎F
59pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
77pt
福岡
68pt
長崎
67pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
52pt
沼津
47pt
秋田
46pt
Jリーグ順位をもっと見る