2014.08.01

【J1第18節予想スタメン 新潟vsC大阪】降格圏が間近に迫ったC大阪、後半戦を占う一戦で勝ち点3を狙う

リーグ戦では2分2敗と白星が遠いC大阪 [写真]=Getty Images

■アルビレックス新潟 3連敗中の不調打開のためにもゴールは必須

 リーグ再開から3試合連続無得点で3連敗と、苦しい状況が続く。「チャンスは作っている。あとは最後の精度」と柳下正明監督は“もうひと押し”を強調するが、3試合とも最少失点で踏ん張っているだけに攻撃面での起爆剤が必要だ。

 前節の川崎戦は鈴木武蔵に代わり、田中達也が岡本英也と2トップを組んだ。結果的に無得点とあって、攻撃面での決定打とはならなかったが、プレスのスイッチを入れる田中達也の動きが素晴らしく、チームは守備からリズムを作ることができた。ハイプレスで川崎をけん制したことで、それまでの2試合とは異なり、試合序盤の失点で劣勢に立たされることがなかったのも大きい。

 しかし後半、メンバー交代を行いながらもチームの運動量が落ち、プレスに緩みが見られた点は不安材料。ハイプレスを仕掛けたいチームにとって、最終ラインを高く保つのは大前提。プレスが弱まり、狙いすました配球を許すのはあまりに危険である。

 中断期間中に加入した山本康裕と、松原健が組む右サイドは攻守において連係を構築している段階で、ピッチをワイドに使いたいC大阪に、どれだけ連動して対抗できるか。同サイドの攻防が、試合の一つのカギとなりそうだ。

 いずれにせよ、のどから手が出るほど欲しいゴールが生まれれば、重苦しい空気もガラリと変わるはず。前節は小林裕紀の精度の高いCKから好機が生まれたが、様々な攻め手からまずは1点を奪いたい。(totoONE編集部)

■新潟予想スタメン
4-4-2
GK
21 守田達弥
DF
27 松原健
4 舞行龍ジェームズ
3 大井健太郎
29 イ・ミョンジェ
MF
23 山本康裕
8 レオ・シルバ
6 小林裕紀
10 田中亜土夢
FW
28 鈴木武蔵
16 岡本英也

■セレッソ大阪 降格圏突入を回避するためにも勝ち点3が欲しい一戦

 7月の公式戦で挙げた白星は、延長戦の末に競り勝った天皇杯2回戦のみ。リーグ戦では2分2敗と白星が遠く、順位も降格圏間近の15位にまで後退。当初の思惑とは大きく異なり、苦しい前半戦だったと言っていいだろう。後半戦のスタートとなるアウェイの新潟戦こそ、ペッツァイオリ体制の反攻の始まりとしたいところだ。

 前節はフォルランが先発フル出場を果たしながら、鳥栖の守備網を崩しきれず。守備が徐々に整いつつある中、リーグ戦4試合で3得点、無得点試合が2試合続いていることもあり、得点力に課題を残しているのは明確。30日の練習を回避した平野甲斐の状態は気になるところだが、フォルラン、杉本健勇、南野拓実、キム・ソンジュン、楠神順平、永井龍ら、攻撃陣の奮起が低迷脱却のカギになるのは言うまでもない。

 新潟の本拠地、デンカビッグスワンスタジアムでの戦績は3勝4分1敗。昨シーズンこそセットプレーからの大井健太郎のゴールに泣いたものの、それまでは負けなしを維持していた。2012年のレヴィー・クルピ監督の復帰初戦、杉本の落としから柿谷曜一朗がゴールを決めて勝利したのも記憶に新しい。

 仮に敗戦ということになれば、一気に降格圏突入もあり得る後半戦初戦。今後を占う大一番に注目だ。(totoONE編集部)

■C大阪予想スタメン
4-3-3
GK
21 キム・ジンヒョン
DF
16 安藤淳
4 藤本康太
23 山下達也
14 丸橋祐介
MF
6 山口蛍
2 扇原貴宏
13 南野拓実
FW
25 キム・ソンジュン
20 杉本健勇
10 ディエゴ・フォルラン

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る