2014.07.18

【J1第15節予想スタメン G大阪vs甲府】降格圏に沈むG大阪、外国人ストライカーの覚醒が浮上のカギに

浮上のカギを握るリンス [写真]=Getty Images

ガンバ大阪 主軸を担う代表組のコンディション面に不安

 中断期間中に攻守において戦術の徹底を図ってきたG大阪。現在、リーグ戦では降格圏内の16位に低迷しているだけに、再開後は巻き返しが不可欠だが、その前哨戦となる天皇杯2回戦はツェーゲン金沢に5-1で圧勝。好調なのはプロ入り初のハットトリックを決めた倉田秋で、宇佐美貴史とのコンビは明らかに上向き気味。ただ、試合後に長谷川健太監督が決定力について課題を口にしたように、シュート23本を放ちながらの5得点は決して満足できるものではない。

 中断期間中には新戦力のパトリックを獲得したものの、一方で右SBの加地亮が電撃退団。代わって、存在感を見せているのが攻撃力に秀でた米倉恒貴である。千葉時代には倉田とのプレーも経験済みで、今節から登場の可能性もあるパトリックの高さと強さを生かしうる好クロスが米倉の持ち味だ。まだ適応は未知数だが、フィットすればチームに新たな化学反応を起こすことになるだろう。

 キャンプ中に連係を深めたものの、代表組の遠藤保仁今野泰幸は不在。天皇杯では2選手ともに先発に名を連ねたが、W杯後ということもありコンディション面に不安を残す。

 また、天皇杯で中盤起用となったリンスは、シュート力に難があり、無念の途中交代。リンスパトリックのいずれかが覚醒しなければ、この先も厳しい戦いを強いられることになる。(totoONE編集部)

■G大阪予想スタメン
4-4-2
GK
東口順昭
DF
米倉恒貴
西野貴治
岩下敬輔
藤春廣輝
MF
阿部浩之
遠藤保仁
今野泰幸
大森晃太郎
FW
倉田秋
宇佐美貴史

ヴァンフォーレ甲府 中断期間中に攻撃陣をテコ入れ、得点力アップに期待

 甲府がリーグ戦の中断期間中に取り組んだのは攻撃陣のテコ入れ。ジウシーニョを右ウイングバックで起用するなど、新たなオプションを試した。狙いはボールを失わずに運び、1トップ2シャドーにWBも含めた“5トップ”がゴールに迫る厚い攻撃の浸透だ。

 14試合で11得点(18チーム中17位)という数字を見れば、急な攻撃力強化は難しいかもしれない。しかし、第14節は柏を3-0で下し、続くナビスコ杯も4ゴール、3ゴールと大量得点で公式戦3連勝。ナビスコ杯第6節の浦和戦は敗れこそしたが期待の持てる内容で、中断前から既に攻撃面のバージョンアップは進んでいた。

 ただし14位甲府にとって16位G大阪は、残留争いを考えれば勝ち点3を与えたくない相手。展開によっては“J最少被シュート数”を誇る守備陣が、5バックで勝ち点1を狙いに行く試合運びもあり得る。

 中断期間中の補強は不安要素の一つ。残留争いのライバルである名古屋、G大阪、大宮は有力外国人アタッカーが加入しているが、甲府の新戦力はドイツ帰りの阿部拓馬のみ。河本明人松橋優の負傷もあり、選手層に不安が残る。

 その阿部も16日に合流したばかりで、1年に渡って公式戦から遠ざかっていたため、コンディションは調整途上。ただし故障などはなく、登録も間に合う見込みで、G大阪戦はリザーブとして絡んできそうだ。(大島和人)

■甲府予想スタメン
3-4-2-1
GK
荻晃太
DF
青山直晃
山本英臣
佐々木翔
MF
ジウシーニョ
稲垣祥
マルキーニョス・パラナ
阿部翔平
水野晃樹
盛田剛平
FW
クリスティアーノ

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る

Jリーグ順位表

FC東京
10pt
名古屋
9pt
大分
9pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
12pt
柏レイソル
12pt
甲府
10pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
6pt
C大23
6pt
藤枝
6pt
Jリーグ順位をもっと見る